6年生ダイアリー

【A】夏季区大会決勝トーナメント 決勝戦

日付:2022年9月4日(日)  場所:都田公園A面
大会名:夏季区大会決勝トーナメント 決勝戦   対戦相手:横浜球友会
チーム名
川和S 0 0 0 0 1 0 1
横浜球友会 0 0 0 0 0 0 0
 バッテリー:投)シュン-ケント(福) 捕)カナム 公式戦通算成績:22戦17勝5敗0分

【一塁打】ユウト、ライゴ、シュン
【二塁打】
【三塁打】
【本塁打】

苦しい戦いを勝ち上がり、迎えた夏季区大会決勝戦。
横浜球友会さんと対戦しました。
「全員野球」で目指せ、春・夏連覇!

シャークスの先発は5年生のシュン。
抜群のコントロールで打たせて取るピッチングを見せる。
4回には6年生のエラー2つで1アウト2、3塁のピンチを迎えるも強いメンタルで後続2人を打ち取り、4回2/3を無失点に抑える好投を披露!
攻撃では、5回の表に相手エラーで6番ユウキが出塁。盗塁と7番シュンのヒットなどでノーアウト2、3塁にすると、8番代打ユウヒのセカンドゴロの間に1点を先制。
その後は、5回裏途中からマウンドを引き継いだケント(福)が最終6回も最後のバッターを三振で仕留め、ゲームセット!
5回表にあげた貴重な1点を守り切り、優勝!!
見事、区大会の春・夏連覇を達成しました!

今日の試合は5年生様様でした。ありがとう、5年生!
しかし、ここまで勝ち上がることができたのは、やはり6年生4人の力がとても大きかったと思います。
今日は痛いミスがありましたが、上部大会で勝ち上がるには絶対に6年生の活躍が必要不可欠になります。頼んだぞ、4人の6年生!
また、今日の試合もそうでしたが、誰が出ても結果を残せるようになり、チームの底力も上がってきました!

夏の区大会優勝により、三浦大輔杯 第13回横浜市学童軟式野球大会に出場することになりました。
「全員野球」で市大会優勝目指して頑張ろう!!

横浜球友会さんありがとうございました。












【A】都田リーグ ブロック戦

日付:2022年8月20日(土)  場所:すみれが丘公園G
大会名:都田リーグ ブロック戦   対戦相手:茅ヶ崎ドリームス
チーム名
茅ヶ崎D 0 0 0 3 3
川和S 3 0 5 1 9
 バッテリー:投)ライゴ-ユウヒ 捕)カナム 公式戦通算成績:21戦16勝5敗0分

【一塁打】コタロウ、ケント(関)✕2、ユウヒ、ユウト
【二塁打】カナム
【三塁打】
【本塁打】

都田リーグブロック戦、4戦全勝で迎えた5戦目。
茅ヶ崎ドリームスさんと対戦しました。

シャークスの先発はライゴ。
連続フォアボールからの不安定な立ち上がり。その後も初回に4つのフォアボールを与えるも要所を三振で締め、無失点に抑える。
その裏、シャークスの攻撃。
2番カナムの二塁打から3番ケント(関)のタイムリーヒットで先制すると、相手のワイルドピッチやエラーもあり、2点を追加し3点をあげる。
2回からピッチャーはライゴから左のユウヒにバトンタッチ。粘り強いピッチングで2回、3回を無失点に抑えると、3回の裏、3番ケント(関)、5番ユウヒのヒットで出塁すると、相手エラーと8番ユウトのタイムリーヒットなどで5点を追加し、8対0とする。
4回表、茅ヶ崎ドリームスさんの攻撃。味方のエラーで1点を許すと、相手2番のタイムリーヒットで2点を追加されるもユウヒが気持ちを切らすことなく、最後のバッターをショートゴロに仕留めたところで時間切れとなり、9対3でシャークスの勝利となりました!

最近は個々のレベルも上がってきました。
チームも監督の目指すべき野球には程遠いですが、少しずつですが理解し、適応できるようになってきました。
その中でチーム内で競争も生まれてきています。
レギュラーで出れる選手は「武器」を持った選手です。
自分の得意な部分はさらに伸ばして「武器」とすること。
苦手な部分は少しでも克服し、チームが勝つために今の自分に何ができるかを常に考えて頑張っていきましょう!

ちなみに・・・監督の目指す野球を理解し、選手たちが体現することができれば次のステージ(中学野球)でも絶対に困ることはありません。
シャークスの野球はそれぐらいレベルの高い野球をやっています。
選手たちは日に日に成長しています。できるようになっています。
君たちはできる!もっと勝てる!
もっと自信を持って、失敗を恐れずに思い切りプレーしよう!

茅ヶ崎ドリームスさんありがとうございました。







【A】2022 専修大学カップ2回戦

日付:2022年8月7日(日)  場所:相模三川公園B1
大会名:専修大学カップ   対戦相手:相模ブルーバッズ
チーム名
相模B 1 0 0 0 3 5 5 14
川和S 0 2 2 0 3 0 1 8
 バッテリー:投)ケント(関)-シュン-カナム 捕)カナム-シュンタ 公式戦通算成績:20戦15勝5敗0分

【一塁打】シュン、ライゴ、ケント(関)✕2、ショウゴ、コタロウ
【二塁打】シュンタ、ユウト、カナム
【三塁打】
【本塁打】ライゴ、カナム

夏の大きな大会、専修大学カップ2回戦。
相模原市代表の相模ブルーバッズさんと対戦しました。
一戦一戦、各地区を勝ち上がってきた代表チームとの厳しい戦いとなります。

シャークスの先発はエースのケント。
初回、先頭バッターにいきなりのホームランで相手に先制されてしまう。その後は立て直し4回までを無失点に抑える。攻撃では手堅い野球で2回、3回に2点ずつ奪い、4対1。試合が大きく動き始めたのは5回表。味方の連続エラーからたまってしまったランナーを一掃する相手1番の3ランホームランで4対4の同点とされてしまう。
その裏のシャークスの攻撃。2番カナム、3番ケントの連続ヒットで1アウト2塁、3塁の場面で4番ライゴ。みんなの期待と声援を受けて描いた打球の放物線は、嫌な流れを吹き飛ばす特大3ランホームラン。7対4で逆転!
しかし、そこから思いもしない展開が待ち受けていました・・・。
シャークスはピッチャーが代わったところから6回、7回に5点ずつ取られ、7対14となってしまう。7回裏の最終回にカナムのホームランで一矢報いるも試合終了。8対14で敗戦となりました。

終わってみれば8つのエラーがありました。
これでは上の大会では勝てませんね・・・。

大事なのは、試合後の選手の「態度、行動」でしたね。
負けて帰ってきて、意識の低い、レベルの低い行動にはガッカリでした。
負けて悔しいから次は勝ちたい、上手くなりたいという気持ちがなければ、成長はありません。
次のステージに上がった時に泣くのは君たち自身ですよ。

君たち自身が選んだ野球というスポーツ。
君たち自身が選んだ全国大会出場という道、甲子園に出れるような選手、プロ野球選手という目標。
監督、コーチやお父さん、お母さん、兄妹たちは朝早くから君たちを全力でサポートしてくれています。
根本代表や市原相談役も自分の子供は卒業していなくても、毎日仕事の合間を縫って応援に駆け付けてくれました。
多くの人たちに支えられて野球ができていることを忘れずに、「感謝」の心を持って野球に取り組みましょう!

相模ブルーバッズさんありがとうございました。











【A】2022 専修大学カップ1回戦

日付:2022年8月6日(土)  場所:相模三川公園A
大会名:専修大学カップ   対戦相手:沼間グリーンファイターズ
チーム名
沼間G 0 0 0 0 0 0
川和S 5 2 0 2 × 9
 バッテリー:投)ケント(関)-ケント(福) 捕)カナム 公式戦通算成績:19戦15勝4敗0分

【一塁打】ライゴ✕2、ジュンタ、シュンタ
【二塁打】ケント(関)✕3
【三塁打】
【本塁打】カナム(RH)

いよいよ始まりました専修大学カップ1回戦。
逗子市代表の沼間グリーンファイターズさんと対戦しました。
勝ち上がってテレビにいっぱい映ろう!

初回、ピッチャーのケント(関)が先頭バッターにヒットを許すも後続を打ち取り、良い立ち上がりを見せる。
その裏、シャークスの攻撃は3番ケントのタイムリーヒットで2点を先制。その後、4番ライゴ、6番ジュンタが続き、5点を先取。
2回からは、ケント(福)にピッチャーを交代し、危なげないピッチングで5回までを無得点。
攻撃では、3番ケント(関)、4番ライゴ、9番シュンタのヒット、5回にはカナムの2ランランニングホームランが飛び出し、一挙9得点。クリーンナップがしっかり機能し、5回コールドで勝利しました。

Aチーム結成後、苦しみながらも春季区大会を自ら優勝して勝ち取った上部大会の出場資格。
選手たちは緊張もなく、大きな声でハツラツとプレーしていました。
細かいミスはありましたが、明日の2回戦にはしっかりと修正して一つでも多く勝ち上がろう!
そして、テレビにたくさん映ろう!
君の活躍を見てファンが現れるかも・・・💖

一戦必勝の「全員野球」で優勝目指して頑張りましょう!

沼間グリーンファイターズさんありがとうございました。





【A】都田リーグ

日付:2021年9月20日(月)  場所:武相高校第二グラウンド
大会名:都田リーグ   対戦相手:横浜キッズベースボールクラブ
チーム名
横浜KBC 3 0 0 0 0 0 3
川和S 0 1 0 0 10 × 11
 バッテリー:投)ケント(福)-シュン-ジン 捕)シュンタ 公式戦通算成績:36戦22勝12敗2分

二塁打:コタロウ、カナム、ライゴ 三塁打: 本塁打:

都田リーグ。
横浜キッズベースボールクラブさんと対戦しました。

横浜キッズベースボールクラブさんありがとうございました。

【A】都田リーグ

日付:2021年8月28日(土)  場所:都田公園グラウンド
大会名:都田リーグ   対戦相手:東本郷レインボーズ
チーム名
川和S 2 1 2 0 1 2 8
東本郷R 1 0 0 1 1 0 3
 バッテリー:投)ジン 捕)ライゴ 公式戦通算成績:35戦21勝12敗2分

二塁打:コタロウ 三塁打: 本塁打:

都田リーグ。
東本郷レインボーズさんと対戦しました。

東本郷レインボーズさんありがとうございました。

【A】都田リーグ

日付:2021年7月31日(土)  場所:荏田西グラウンド
大会名:都田リーグ   対戦相手:南山田ライオンズ
チーム名
南山田L 0 0 1 0 0 1
川和S 0 1 5 0
 バッテリー:投)シュレン 捕)ライゴ 公式戦通算成績:34戦20勝12敗2分

二塁打: 三塁打: 本塁打:

都田リーグ。
南山田ライオンズさんと対戦しました。

南山田ライオンズさんありがとうございました。

【A】会長杯三回戦(神奈川県学童軟式野球選手権大会)

日付:2021年7月28日(水)  場所:境川遊水地少年野球場
大会名:会長杯三回戦   対戦相手:井土ヶ谷フレンズ
チーム名
川和S 0 0 0 0 0
井土ヶ谷F 5 2 1 10×
 バッテリー:投)ジン-シュレン-カナム 捕)カナム-ライゴ 公式戦通算成績:33戦19勝12敗2分

二塁打: 三塁打:コタロウ 本塁打:

会長杯三回戦。
井土ヶ谷フレンズさんと対戦しました。

井土ヶ谷フレンズさんありがとうございました。

【A】会長杯二回戦(神奈川県学童軟式野球選手権大会)

日付:2021年7月26日(月)  場所:境川遊水地少年野球場
大会名:会長杯二回戦   対戦相手:八幡インディアンス【平塚市代表】
チーム名
八幡I 1 3 0 0 0 0 4
川和S 1 0 3 1 3 8
 バッテリー:投)ケント-シュレン 捕)カナム-ライゴ 公式戦通算成績:32戦19勝11敗2分

二塁打:ケント、ライゴ 三塁打: 本塁打:ツカサ(RH)

会長杯二回戦。
平塚市代表の八幡インディアンスさんと対戦しました。

八幡インディアンスさんありがとうございました。

【A】会長杯一回戦(神奈川県学童軟式野球選手権大会)

日付:2021年7月23日(金)  場所:境川遊水地少年野球場
大会名:会長杯一回戦   対戦相手:ジャガーズ【大和市代表】
チーム名
川和S 0 2 1 4 0 1 8
ジャガーズ 2 0 0 1 0 1 4
 バッテリー:投)ケント-ジン 捕)ライゴ-カナム 公式戦通算成績:31戦18勝11敗2分

二塁打:シュレン、ケント 三塁打:コタロウ 本塁打:

会長杯一回戦。
大和市代表のジャガーズさんと対戦しました。

ジャガーズさんありがとうございました。

【A】都田リーグ

日付:2021年7月10日(土)  場所:葛が谷公園グラウンド
大会名:都田リーグ   対戦相手:横浜ビクトリー
チーム名
横浜V 0 0 0 0 0 0 0
川和S 1 1 0 0 2 × 4
 バッテリー:投)ケント-ジン 捕)ライゴ 公式戦通算成績:30戦17勝11敗2分

二塁打: 三塁打: 本塁打:

都田リーグ。
横浜ビクトリーさんと対戦しました。

横浜ビクトリーさんありがとうございました。

☆第44期 卒部式☆

2022年2月6日(日)、コロナ禍ではありますが、感染防止対策を徹底し、「第44期卒部式」が行われました。
4名の6年生の皆様、ご卒部おめでとうございます。
笑顔で卒部式を迎えることができたことを大変嬉しく思います。

昨年も新型コロナウイルスの影響で試合数は少なく、各種イベントも自粛する形となり、思ったような活動ができず悔しい1年となりました。また、6年生は4人と人数も少なく、気持ちが折れそうになったこともあったと思います。しかし、最後まで諦めずに下級生を引っ張って、やり遂げた君たち第44期の4名は、間違いなく伝統ある川和シャークスの誇りです。

最初は泣いてばかりの君たちもこの1年間で大きく成長したと思います。最後の卒部ノックの姿、卒部式でのお父さん、お母さんへの感謝の言葉、監督・コーチ・在部生へのメッセージ、本当に素晴らしかったよ!
シュレン、ジン、ソラ、ツカサ、中学生になってもこの川和シャークスで学んだ強い気持ちを忘れずに、それぞれの夢に向かって頑張ってください。今後も君たち4人の活躍を楽しみにしています!

最後に、我妻コーチを始め、6年生の父母の方々、長きにわたり川和シャークスの発展にご尽力いただき、誠にありがとうございます。本当にお疲れ様でした!
皆様の思いを引き継ぎ、果たせなかった44期の目標を達成できるように邁進してまいります。
これからもご支援及び応援よろしくお願いいたします。