4年生ダイアリー

【C】わかばジュニア 4回戦

 

日付:2023年5月28日(日)  場所:通信隊G
大会名:わかばジュニア 4回戦   対戦相手:品濃ヴィクトリー
チーム名
品濃V 1 0 0 5 0 6 2
川和S 4 1 1 0 1 7 5
 バッテリー:投)ソウマ-フクヒロ-セナト 捕)タムヒロ
公式戦通算成績:6戦6勝0敗0分

本塁打:コウタロウ
二塁打:ソウマ

 わかばジュニアのブロック代表決定戦、品濃ヴィクトリーさんと対戦しました。

 シャークスは7-6で勝利しました。
 試合は初回に1点を先制されるも、その裏ソウマ、タムヒロにタイムリーヒットが出て4点を奪い、逆転します。
 その後も2回、3回に追加点を取り、点差を5点に広げます。

 しかし、4回の相手の攻撃で、四球や失策も重なり、ランナーが溜まったところで、最後はセンター前にタイムリーヒットを許し、同点に追い付かれます。

 時間切れで最終回となった5回にセナトが完璧なリリーフで流れを引き寄せると、その裏先頭のソウマがヒットで出塁し、最後は4番タムヒロが試合を決めました。

 Cチームは点差があったとしても、流れを失えばすぐに逆転されてしまいます。今日も相手チームの元気によって流れを奪われ、4回に畳み掛けられてしまいました。

 この先もトーナメント戦で勝っていくには相手よりも勝ちたいという強い気持ちで、試合に臨んでいかなければなりません。今日の最終回はしっかり出来ていたからこそ、勝利に繋がりました。

 一つ一つのプレーを丁寧に、一人ひとりがチームメイトを応援し、みんなの声でサポートする、そんなチームを目指していきましょう。

 対戦いただいた品濃ヴィクトリーさん、ありがとうございました。

 

 

 

【C】わかばジュニア 3回戦

 

日付:2023年5月20日(土)  場所:都田西小学校
大会名:わかばジュニア3回戦   対戦相手:オール平沼サンダース
チーム名
オール平沼 0 0 0 0 0 0 0 0
川和S 3 0 3 0 3 X 9 8
バッテリー:投)ソウマ-フクヒロ 捕)タムヒロ
公式戦通算成績:5戦5勝0敗0分

三塁打 コウタロウ
二塁打 コウタロウ、セナト、タムヒロ2

 わかばジュニア3回戦、オール平沼サンダースさんと対戦しました。
 深夜からの雨でグラウンド状態が悪い中、多くの父母のご協力により、何とか時間通りに実施することが出来ました。朝からありがとうございました。

 試合は9対0でシャークスの勝利。ブロック戦の決勝に駒を進めることが出来ました。
 今日の先発はソウマ。グラウンド状態が悪く、制球に苦しむ場面もありましたが、4イニングを無安打に抑える好投で、フクヒロに繋ぎます。そのフクヒロも2イニングを完璧に抑え、見事な完封リレーとなりました。

 攻撃も初回に最近好調の4番タムヒロの二塁打などで3点を先制。3回にもセナトの二塁打を皮切りにタムヒロ、ハルト、フクヒロの3連続タイムリーヒットで3点を追加。5回にも3点を追加し、合計9得点を奪いました。

 それでも簡単な捕球ミスや牽制死など、意識をすれば防げるようなミスもまだまだあります。
 一つ一つのプレーを「丁寧」にすること、どんな場面でも「全力」を尽くすこと、そして例え自分がミスしたとしても下を向かずに顔を上げて大きな声で仲間を応援出来ること、それらの習慣が身に付けば確実に個人の力もチーム力も上がっていきます。
 試合を重ねる中で、多くのことを学んで成長していきましょう。

この先も一戦必勝の執念で!

対戦頂いたオール平沼サンダースさん、ありがとうございました。

 

【C】都筑区少年野球連盟大会 教育リーグ ブロック戦

 

日付:2023年4月30日(日)  場所:都田公園グラウンド
大会名:都筑区少年野球連盟大会 教育リーグ ブロック戦
対戦相手:横浜フューチャーズ
チーム名
横浜フューチャーズ 0 1 0 1 2 3
川和S 7 5 2 5 19 11
バッテリー:投)ソウマ-フクヒロ 捕)タムヒロ
公式戦通算成績:4戦4勝0敗0分

三塁打 ソウマ、フクヒロ 二塁打 コウタロウ、セナト

都筑区教育リーグのブロック戦 横浜フューチャーズさんと対戦しました。
結果は19-2で勝利。公式戦4連勝としました。

今日はダブルヘッダーの2試合目。多少の疲れを感じる中、しっかりと結果を残してくれました。

シャークスの先発はエースソウマ。1番、2番から連続三振を奪う投球で0に抑え流れを持ってくると打線がそれに応えます。
先頭バッターのコウタロウが二塁打で出塁すると7番フクヒロまで連続出塁、連続得点で試合を有利に進めます。

2回表、相手の主砲に一発を浴びますが、その後を三者連続三振とギアを入れます。

3回以降はフクヒロに継投。1点を失いますが、どちらの投手も最少失点に抑えたことが成長と感じます。

打線も二桁安打、二桁盗塁と全員野球で勝利出来ました。昨日、今日と6人の投手が素晴らしいピッチングをしました。

まだ公式戦で投げていない投手もいる中、今後が楽しみに思える週末でした。

まだまだ始まったばかり、監督、コーチ、お父さん、お母さんのアドバイスをしっかり吸収して、もっと良いチームにしていきましょう。
対戦いただいた、横浜フューチャーズさん、ありがとうございました。

【C】さわやかカップ ジュニアリーグ 予選リーグ

 

日付:2023年4月30日(日)  場所:都田西小学校
大会名:さわやかカップ ジュニアリーグ 予選リーグ   対戦相手:横浜球友会
チーム名
横浜球友会 0 0 0 0 0 0 0
川和S 4 1 7 6 3 21 8
バッテリー:投)ハルト-セナト 捕)ソウマータムヒロ
公式戦通算成績:3戦3勝0敗0分

三塁打タムヒロ、フクヒロ
二塁打ソウマ2、セナト、サソウマ

さわやかカップジュニアリーグ ブロック戦で横浜球友会さんと対戦しました。
シャークスは21-0で勝利しました。

先発はハルト。立上り先頭バッターに四球を与えますが、自らの牽制でアウトを奪い、その後はテンポの良いピッチングで3回を無失点。
あとを継いだセナトも2回5奪三振と圧巻なピッチング。二人で見事なノーヒットピッチングでした。

打線もしっかり繋がり、終わってみれば毎回得点でした。

今日は朝から風が強く、雨予報。難しいコンディションでしたが、集中して試合に入ることができ、最後までしっかり声が出ていました。

雨で野球が出来るかわからない中、朝早くからお弁当を用意してくれたり、試合が出来るようにグランドを作ってくれているお父さん、お母さんに改めて感謝をしましょう。

対戦いただいた、横浜球友会さん、ありがとうございました。

【C】都筑区少年野球連盟大会 教育リーグ ブロック戦

 

日付:2023年4月29日(土)  場所:都田公園グラウンド
大会名:都筑区少年野球連盟大会 教育リーグ ブロック戦
対戦相手:茅ヶ崎エンデバーズ
チーム名
茅ヶ崎エンデバーズ 0 0 0 0 0 0 0
川和S 6 4 6 3 6 25 17
バッテリー:投)タムヒロ-リョウスケ 捕)セナト、タムヒロ
公式戦通算成績:2戦2勝0敗0分

本塁打:タムヒロ 2 三塁打:コウタロウ、フクヒロ、ハルト
二塁打:セナト

晴天に恵まれたGW初日、都筑区教育リーグのブロック戦で茅ヶ崎エンデバーズさんと対戦しました。

今日は打線が絶好調。初回コウタロウの3塁打を皮切りに、フクヒロの3塁打やナチのセンター前ヒットもあり、6点を先制。

その後もハルトの3塁打、セナトの特大2塁打、サソウマのタイムリーヒット、そしてタムヒロに2本のランニングホームランも出るなど大量得点となりました。

投手陣もタムヒロ、リョウスケのコントロールが冴え、テンポ良く継投で無失点に抑えました。

前回の課題であった試合への入り方や選手間での声掛けもしっかり出来ていました。
試合を重ねる中で、様々な課題を見つけ、自らの力で乗り越えて、これからも一つ一つ成長していきましょう。

対戦頂いた茅ヶ崎エンデバーズの皆さま、ありがとうございました。

 

【C】わかばジュニア大会 1回戦

 

日付:2023年4月16日(日)  場所:通信隊グラウンド
大会名:わかばジュニア大会 1回戦   対戦相手:平和台ブルーツインズ
チーム名
平和台ブルーツインズ 0 0 0 0 0 0 2
川和S 2 1 3 3 × 9 5
バッテリー:ソウマ、フクヒロ-タムヒロ 三塁打:コウタロウ 二塁打:ソウマ、タムヒロ、ハルト 公式戦通算成績:1戦1勝0敗0分

天候にも恵まれ、今年度初めての公式戦となったわかばジュニア一回戦。
平和台ブルーツインズさんと対戦しました。

シャークスは9対0で初戦で固さもある中、初勝利を飾りました。
投手も先発のソウマがリズム良く無失点で役割を終え、その後を引き継いだフクヒロが圧巻の三者連続三振と2人が素晴らしい投球を披露しました。

初回の守りでは先頭打者に内野安打を許すも牽制でアウトを奪うなどテンポ良く後続を打ち取り無失点で終えると、その裏にソウマ、タムヒロの連続安打などもあり、2点を先制。

その後もハルトの二塁打などで毎回得点で9点を奪い、守ってもセナトの好守備などもあり、全員出場の全員野球で初戦を突破しました。

ただ、本日はいつもの元気が影を潜め、活気のある試合とはなりませんでした。
この先を見据え、個々人が自分のことだけではなく、他の選手をサポートするような広い視野で声を掛け合い、チームとして成長していくことが大事です。

この試合でのチームとしての反省、個々人での反省をしっかりとした上で、
それを繰り返さないように努力していきましょう。

次回以降も一戦必勝の気持ちで臨みます。

対戦頂いた平和台ブルーツインズの皆さま、ありがとうございました。

【C】ラミちゃんCUP決勝

日付:2022年12月3日(土)  場所:YCACグラウンド
大会名:ラミちゃんCUP決勝   対戦相手:飯島ツインズ
チーム名
飯島ツインズ 0 0 0 0 0 0
川和S 3 1 0 4 × 8
 バッテリー:投)ジュンタ 捕)タムヒロ 公式戦通算成績:26戦20勝6敗0分

二塁打:コウタロウ、ナカジ、キラ 三塁打:なし 本塁打:なし

Cチーム公式戦の最終戦。
ラミちゃんCUP決勝、飯島ツインズさんと対戦しました。
シャークスは8対0で勝利。ついに念願の優勝となりました。

Cチームは今年度、大事な試合でメンバーが欠けるという苦渋を味わってきました。
敗戦した試合はすべてベストメンバーが組めず、本大会もこれまでベストメンバーが組めずに勝ち上がってきました。そして、最後の最後に、全員が参加してフルメンバーで決勝に臨みました。

結果は、今季最高の試合とも言える、文句の付け所のないゲーム。
投好守すべてが揃い、ジュンタはストライク先行の素晴らしいピッチングで、ノーヒットノーランを達成。
守備でも再三の好守備が見られ、ヒット性の当たりも他の選手がカバー。ユラ、ソウマの安定した二遊間を中心に、ノーエラーでした。
打線も初回から単打、長打を絡め、走塁も見事に決める。ナカジ、キラ、カナも綺麗なヒット・長打を放ちました。

これまで中々、練習やオープン戦で培った自分たちの力を十分に発揮できず、もどかしい戦いが続いていましたが、苦しい試合をたくさん経験していく中で、4年生を中心に3年生、2年生の力も借りて、着実に力をつけていました。まさに、総決算の勝利でした。

そして何より、4年生以下全員で参加して、選手も親も大声援。グラウンドの選手たちの何よりの励みになりました。終わりよければすべてよし。歓喜の帽子投げ、人柄の良いラミチャンとの交流も最高でした。

1月からは、また新たなチームの始動となります。3年生は投げ野球、4年生はグラウンドサイズも一回り大きくなり野球も本格化。このゴールは、新たなロードへのスタートに過ぎません。優勝という素晴らしい経験を糧に、また明日から頑張りましょう。

今年秋には新たなメンバーがたくさん加入して頂き、また、体験に来て頂いているお子さんも多くいます。
是非、この楽しい川和シャークスに体験、入部して頂き、一緒に素晴らしい経験をしていきましょう。

決勝で対戦頂いた飯島ツインズさん、ありがとうございました。
そして、ラミちゃんをはじめとして、大会運営者の皆さま、本当にありがとうございました。

【C】ラミちゃんCUP準決勝

日付:2022年11月26日(土)  場所:YCACグラウンド
大会名:ラミちゃんCUP準決勝   対戦相手:横浜レッドスネークス
チーム名
横浜レッドスネークス 0 0 0 0 0 0
川和S 2 0 1 2 × 5
 バッテリー:投)ジュンタ-カナ 捕)タムヒロ 公式戦通算成績:25戦19勝6敗0分

二塁打:コウタロウ 三塁打:なし 本塁打:なし

ラミちゃんCUP準決勝、横浜レッドスネークスさんと対戦しました。
シャークスは5対0で完封勝利。Cチーム最後の大会で、初めての決勝進出を果たしました。

今日はジュンタとカナの継投で、ピッチャーを中心とした堅い守りで、相手の攻撃を単発の2安打に抑えての勝利。
参加・出場できないメンバーもいる中で、2年生のナチ、1年生のマエヒロも出場し、全員で頑張りました。

特に目立ったのは、ジュンタの好投。ストライク先行で最後まで相手に的を絞らせませんでした。
そしてキャッチャータムヒロの活躍。盗塁を2回刺し、何より最終回のファールフライのダイビングキャッチ。飛び出した2塁ランナーを鋭い2塁送球で刺して、そのまま試合終了。投打に日替わりヒーローが出てくるところが、このCチームの良い所。今日はバッテリーが素晴らしい働きをしました。

ただ、打線の方は低調でした。初回の2安打以外は四死球からの得点のみ。土曜日朝の試合とはいえ、試合後のミーティングでも指摘があったように、平日の素振りが足りなかったように見受けられました。こればかりは、選手一人一人の取組しかありません。試合の勝ち負けは当日だけではなく、事前の準備がどれだけできたか。それが試合当日そのまま現れます。

来週は、いよいよ決勝戦です。シーズン最後のCチームの公式戦であり、Cチーム初めての優勝がかかります。
全員野球で、自分のため、チームみんなのために、悔いのない準備と戦いをして、悲願の優勝を勝ち取りましょう。

対戦いただいた横浜レッドスネークスさん、ありがとうございました。

【C】区大会教育リーグ準決勝

日付:2022年11月19日(土)  場所:都田西小学校グラウンド
大会名:区大会教育リーグ準決勝   対戦相手:山田バッファローズ
チーム名
川和S 0 1 0 1 3 5
山田バッファローズ 2 0 2 0 6
 バッテリー:投)ジュンタ-カナ 捕)タムヒロ 公式戦通算成績:24戦18勝6敗0分

二塁打:タムヒロ、コウタロウ 三塁打:なし 本塁打:なし

区大会教育リーグ準決勝、山田バッファローズさんと対戦しました。
シャークスは5対6で逆転サヨナラ負け。決勝進出はならず3位に終わりました。

山田バッファローズさんは、今年各種の大会で上位に食い込む強豪。これから何度も対戦することになるであろう、同じ区のライバルチームとの戦い。
そして、キャプランのユラを欠いた中でベストメンバーは組めませんでしたが、全員野球での勝利を目指した戦いでした。

先発はジュンタ。初回四死球から2ベースを浴びて2点を失い、ビハインドとなりますが、粘り強い攻撃を待ちます。
2回表にシャークスが反撃を開始し1点を返します。2回裏はピンチを迎えますが、ダブルプレーでゼロに抑える。
3回表のシャークスの上位打線の攻撃はゼロに抑えられ、3回裏にヒット、ワイルドピッチで2点を追加され3点差となります。

反撃するしかないシャークスの4回表の攻撃、好調のナカジの出塁から始まり1点を返して、なおも満塁。しかしあと一本が出ずに2点差。この段階で残り時間は10分で4回裏からはカナにスイッチ。最終回に進めるか微妙な展開でしたが、相手の攻撃をゼロに抑えていよいよ最終回となりました。

5回表の最後の攻撃。ベンチの大声援のもと、選手たちは素晴らしい野球を見せます。エラー、内野安打の後にコウタロウの2ベースもあり、2点差を一気に逆転して5対4。5回裏、最後の守備となりましたが、緊張した場面で四死球とエラーで2点を取られ、無念のサヨナラ負け。

勝利を目前にしたこの敗戦は、声にならない悔しさ。しかし、このような悔しい経験をしたから、あの後強くなったと、必ずそうなるはずです。試合に出た選手全員、ベンチで応援した選手・家族、そして無念の欠場となったキャプテンのユラ。全員が本当に悔しい敗戦でしたが、来年以降、最強軍団としてグラウンドに戻ってきましょう。

Cチームには、まだもう一つラミちゃんCUPが残っています。今日のようなチーム全員で最後まで諦めない野球をして、あと2つ勝って歓喜の帽子投げをしましょう。

対戦いただいた山田バッファローズさん、白熱した素晴らしい好ゲームをありがとうございました。

【C】ラミちゃんCUP準々決勝

日付:2022年11月19日(土)  場所:YCACグラウンド
大会名:ラミちゃんCUP準々決勝   対戦相手:天屋ビーバーズ
チーム名
川和S 2 4 0 2 8
天屋ビーバーズ 1 0 0 1 2
 バッテリー:投)カナ-ジュンタ-ナカジ-キラ 捕)タムヒロ 公式戦通算成績:23戦18勝5敗0分

二塁打:カナ 三塁打:なし 本塁打:なし

ラミちゃんCUP準々決勝、天屋ビーバーズさんと対戦しました。
シャークスは8対2と快勝し、準決勝に進出しました。

これまで公式戦に全試合出場し、チームを引っ張ってきたキャプテン&内野の要であるユラが不在でのゲーム。
緊急事態ではありましたが、だからこそ試合前からキャプテンを準決勝、決勝に連れて行くぞ!!というチーム一丸となったムードが感じられました。

先発はカナ、二番手はジュンタ、三番手はナカジ、四番手はキラと一人各1イニングの必殺野球、まさに全員野球。これも全員がピッチャーをできるから成せる業。
ユラの代わりにセカンドに入ったフクヒロは3つのゴロをアウトにし、サードに入ったキラも3つのゴロを無難にアウト、内野陣はノーエラーでした。
攻撃陣もただ打つだけではなく、フォアボール・デットボールを9個選び、一つ一つのプレーを大事にして着実に加点しました。

キャプテンが不在の中、まさに全員で勝ち取った勝利。
昨年度はベスト8止まりでしたが、一歩前に進んだ準決勝進出。
Cチーム悲願の優勝に向かって、今日のような全員野球で突き進みましょう。

対戦いただいた天屋ビーバーズさん、ありがとうございました。

【C】ラミちゃんCUP2回戦

日付:2022年11月3日(祝)  場所:YCACグラウンド
大会名:ラミちゃんCUP2回戦   対戦相手:金沢Vルークス
チーム名
金沢Vルークス 0 0 0 0 1 0 1
川和S 2 0 0 2 0 × 4
 バッテリー:投)ユラ-ナカジ-キラ 捕)ジュンタ 公式戦通算成績:22戦17勝5敗0分

二塁打:ジュンタ、コウタロウ 三塁打:なし 本塁打:なし

ラミちゃんCUP2回戦、金沢Vルークスさんと対戦しました。
シャークスは4対1で勝利。準々決勝に進出しました。

午前中のYB4からの初めての公式戦ダブルヘッダーとなりました。ユラ、ナカジ、キラの3人の投手がいずれも好投し、ユラは2回をパーフェクト、ナカジは2回をフォアボール一つ、キラもヒット1本に抑えました。このようにフォアボールが少なく、テンポのよいピッチングができると守備陣は守りやすくエラーが少なくなり、打線にもリズムがつきます。

と言いたいところですが、ダブルヘッダーの疲れからか、打線が非常に低調でした。ノーアウト2・3塁、ワンアウト2・3塁のチャンスを作っても、簡単にフライを上げてしまったり三振をしてしまったり。チームプレーとしての連携ができずに中々得点ができませんでした。走塁面でも、打球判断が悪くホームインできないケースが見られました。

プレー内容の質の面で、非常に課題が多い試合でした。一発勝負の大事な試合が続いている中、点の取れるところでしっかり取らないと、痛い目を見るのは自分たちです。大事な試合で勝ちきるためには、もっと試合に集中し、チームプレーを心掛けていく必要があります。

対戦いただいた金沢Vルークスさん、ありがとうございました。

【C】YB4決勝トーナメント準々決勝

日付:2022年11月3日(祝)  場所:大池球場
大会名:YB4決勝トーナメント準々決勝   対戦相手:金沢スカイヤーズ
チーム名
金沢スカイヤーズ 1 0 9 10
川和S 0 0 0 0
 バッテリー:投)カナ-ジュンタ-ユラ 捕)ジュンタ-タムヒロ-ジュンタ 公式戦通算成績:21戦16勝5敗0分

二塁打:ジュンタ、ナカジ 三塁打:なし 本塁打:なし

YB4大会の決勝トーナメント準々決勝、強豪の金沢スカイヤーズさんと対戦しました。
シャークスは0対10のコールド負け。無念のベスト8止まりとなりました。

先発はカナ。初回いきなり2ベースを浴びて、デットボール、フォアボールでノーアウト満塁の大ピンチ。レフト前ヒットで1点を失いますが、ファーストゴロをキラがバックホームで1アウト。さらにキャッチャーのジュンタが1塁に投げてダブルプレイ。その後三振に抑えて1点に留めます。1回裏は、2アウトからジュンタがライトオーバーを放つも、三塁タッチアウトで無得点。

2回表は、2アウト2・3塁のピンチを迎えるも、ここも三振でゼロに切り抜けます。2回裏は、ナカジがレフトオーバーの2ベースでチャンスを作るも、その後は続かず無得点。ここまでは緊迫した好ゲームでした。

試合が大きく動いたのは3回表。ヒット、フォアボール2つで再びノーアウト満塁の大ピンチ。そこでライトライナーをリョウスケがキャッチする好プレー。その後、ショートゴロの送球エラーで2点を失い、フォアボールでジュンタにスイッチ。緊急登板となったジュンタは制球に苦しみ、フォアボールの押し出し2つ。その後もヒットやデットボールもあり、大量9失点。打たれたというよりは自滅でした。3回裏は、粘ることもできずに無得点。0対10となり、大会規定で力を発揮することもなくコールド負けとなりました。

自分たちで傷口を広げ、その後も何もすることができずに敗戦。非常に悔いが残る、不完全燃焼の試合でした。ただ、総合的な差、経験の差はありました。体格にも差がありました。これからどのように取り組めばよいか、課題がよく分かる試合となりました。まだ、今シーズンの大会は残っています。今やれることを最大限にやりきって、悔いのない試合をしましょう。

対戦いただいた金沢スカイヤーズさん、ありがとうございました。