4年生ダイアリー

【C】わかばジュニア 3回戦

nbsp;

日付:2024年5月19日(日)  場所:日限山こどもスポーツ公園
大会名:わかばジュニア 3回戦   対戦相手:山友スターズ
チーム名
山友S 0 4 1 0 6 11 8
川和S 2 0 0 0 0 2 1
バッテリー:投)リョウスケ-マエヒロ-ルイト 捕)ハヤト 
公式戦通算成績:6戦4勝1敗1分

 二塁打、三塁打、本塁打:なし
     

 わかばジュニア3回戦は山友スターズさんとの1戦でした。

 結果は2対11のコールド負け。このチームで初めての敗北となりました。

 初回は先制点を取るものの、2回以降完璧に封じられ、
 合計ヒットが1本と打線が沈黙します。

 対して、相手は下位打線までしっかりとバットを振り切り、
 合計8安打と打線爆発。自力の差がはっきりと表れた試合となりました。

 初めてここまで実力の差があるチームと戦った選手たち。
 悔しがる選手も少なく、個々が別々の方向を向き
 何かを言い訳に片付けを始めます。

 これには思わずコーチ達からの喝が入ります。
 ・他選手を思いやり、協力や、助け合い励まし合いが全く見られない
 ・負けるときに悔しがれるだけの練習、準備をしているのか
 ・負けを他の言い訳にしない
 このチームの日頃からの過ごし方、土日の練習風景の良くないところがすべて出ていました。
 
 でも、この敗戦、試合内容でコーチからの指導をいただき、選手全員自覚したはずです。
 今日の負けで沢山学んで、次の試合につなげていきましょう。

 対戦頂いた山友スターズさん、ありがとうございました。

 

【B】KBBA 準々決勝

 

日付:2024年5月25日(土)  場所:都田公園G
大会名:KBBA 準々決勝   対戦相手:日吉レッドファイターズ
チーム名
日吉R 0 0 0 0 1
川和S 6 11 X 17 12
バッテリー:投)Sソウマ 捕)タムヒロ 公式戦通算成績:6戦6勝

二塁打:Sソウマ×3

 KBBA準々決勝、日吉レッドファイターズさんと対戦しました。

 この日は投打でSソウマの活躍が光った一戦となりました。

 シャークスは初回、味方のエラーで先頭打者の出塁を許しますが、すぐさまキャッチャーのタムヒロが盗塁を刺し、相手に流れを渡しません。そのプレーでリズムに乗ったSソウマは3回まで内野安打1本しか許さない素晴らしい投球でスコアボードに0を刻み続けます。

 その好投を受けて、打線も奮起し、初回から先頭のハルトが四球で塁に出ると、そこからコウタロウ、タムヒロ、セナト、Tソウマの4者連続ヒットなどで大量点を奪います。その後も、この日の主役であるSソウマが3打席連続でツーベースヒットを放つなど追加点を重ね、最後は満塁のチャンスでマエヒロが痛烈なファーストへの強襲ヒットを放ち、17対0でシャークスが勝ちました。

 この試合では初回にいきなりエラーが出てしまい、そのまま崩れてもおかしくない場面でキャッチャーのタムヒロが好送球でアウトを奪い、チームをリズムに乗せました。誰かがミスしても誰かがフォローしてチームを救う、まさにこれがチームプレーです。

 野球は9人で戦うスポーツであるからこそ、みんなで声を掛け合って、誰かが上手くプレー出来なくても他のメンバーがサポートする、それがどんな試合でも勝利を手にする秘訣です。

 ONE for ALL、ALL for ONE

 この先、益々厳しい戦いが待ち受けますが、チームとして高い一体感を持ち、次戦も勝って、再び保土ヶ谷球場で試合出来るように頑張りましょう。

 対戦頂いた日吉レッドファイターズさん、ありがとうございました。

 

【C】わかばジュニア 2回戦

 

日付:2024年5月11日(土)  場所:日限山こどもスポーツ公園
大会名:わかばジュニア 2回戦   対戦相手:長谷スポーツ少年団
チーム名
長谷S 0 0 0 0 0 0
川和S 0 4 3 4 11 5
バッテリー:投)ケイシン 捕)ハヤト 
公式戦通算成績:5戦4勝0敗1分

二塁打:マエヒロ×3、タクミ

 わかばジュニア2回戦は長谷スポーツ少年団さんとの1戦でした。

 初回は両ピッチャー好投で、お互いに3者凡退。
 非常に緊迫感のある序盤となります。

 ゲームが動いたのは2回。
 好投のケイシンの背中を押すように打線が奮起します。
 ハヤトがDBで出塁すると続くタクミ、マエヒロと連続2塁打を放ちます。
 この回は3年生で4得点。好投ケイシンを波に乗せます!

 味方の打線援護も大きく、
 一人で投げ切り被安打0、四球1と完璧な投球を魅せました。

 結果、4回コールドの11対0。2回戦も突破することができました。

 とはいえ、課題点も多くあります。
 3回以降は相手投手が精彩を欠いたおかげで出塁できたものの、
 ヒットはマエヒロの2塁打2本のみ、試合計5安打とヒットが少ない試合となりました。

 トーナメントが続くと相手も強敵に。
 安打を重ねるようこれからも練習が必要です!

 対戦頂いた長谷スポーツ少年団さん、ありがとうございました。

 

【B】都筑区少年野球連盟 春季トーナメント決勝戦

 

日付:2024年5月12日(日)  場所:東山田公園
大会名:都筑区大会 決勝   対戦相手:横浜球友会
チーム名
川和S 4 0 0 3 0 2 9 10
球友会 0 0 0 0 0 3 8
バッテリー:投)Sソウマ-セナトーコウタロウ 捕)タムヒロ 
公式戦通算成績:5戦5勝0敗

二塁打:コウタロウ×3、ハルト、セナト

 春の都筑区大会の決勝、横浜球友会さんと対戦しました。

 シャークスは初回タムヒロの技ありのタイムリーやセナト、Tソウマの連続ヒットもあり、4点を先制します。早速援護を貰った先発のSソウマもその裏をテンポ良く3人で抑え、幸先の良いスタートを切ります。

 しかし3回に四球やヒットでランナーを置いた状況でタイムリーヒットを許し、更にはミスなども重なり、3点を失います。

 1点差に迫られ、相手が勢い付く中、迎えた4回にコウタロウ、ハルトの連続タイムリーヒットなどですぐさま3点を返します。

 更に6回にもフクヒロのタイムリーヒットなどで2点を追加します。投手陣も先発のSソウマの後をセナト、コウタロウと繋ぎ、ルイトの好守もあり、追加点を許さず、最終的には9対3でシャークスが勝利しました。

 この勝利で新チームとなって初めてのタイトル奪取となりました。この先はより大きな大会へと繋がっていきます。みんなで力を合わせ、一つ一つのプレーを大切に、次のトーナメントも勝ち抜いていきましょう。
 常に元気に全力で!

 対戦頂いた横浜球友会さん、ありがとうございました。

 

 

 

【B】KBBA 2回戦

 

日付:2024年5月11日(土)  場所:藤塚小学校
大会名:KBBA 2回戦   対戦相手:キングパワーズ&ファイヤーズ
チーム名
川和S 5 4 4 13 5
KP&F 0 0 0 0 0
バッテリー:投)Tソウマ-ハルト 捕)タムヒロ 公式戦通算成績:4戦4勝

本塁打:タムヒロ

 KBBAの2回戦、キングパワーズ&ファイヤーズさんと対戦しました。

 シャークスは初回タムヒロのレフトへの特大ホームランなどで5点を先制します。

 大量の援護を貰い、先発のマウンドに立ったTソウマは初回こそ四球などでランナーを許しますが、徐々に調子を上げ、2回は完璧な投球を見せ、2イニングを無失点で役割を終えます。
 攻撃陣も2回、3回とフクヒロやハヤトのタイムリーヒットで3回までに13点を奪います。最後は今シーズン公式戦初登板となったハルトが堂々としたピッチングで無失点に抑え、13対0で勝利しました。

 この日はリョウスケ、ルイト、ナチ、マエヒロも打席に立ち、盗塁を決める選手も出るなど、それぞれが活躍しました。

 この先勝ち抜いていくにはチーム全員のレベルを上げていくことが重要となります。試合経験を重ね、チームとしても個人としても確実に成長していきましょう。

 対戦頂いたキングパワーズ&ファイヤーズの皆様、グランド準備含めてありがとうございました。

【B】都筑区少年野球連盟 春季トーナメント準決勝

 

日付:2024年5月6日(月)  場所:牛ヶ谷公園
大会名:都筑区大会 準決勝   対戦相手:ジュニア葵
チーム名
J葵 0 0 0 0 0 2
川和S 3 2 2 3x 10 5
 バッテリー:投)Sソウマ 捕)タムヒロ 公式戦通算成績:3戦3勝

本塁打:コウタロウ

 春の都筑区大会の準決勝、ジュニア葵さんと対戦しました。

 この試合も先発を任されたのは最近好調のSソウマ。
 初回先頭打者に四球を許すも自ら牽制でアウトを奪うと、その後は丁寧な投球、加えて安打などで出塁されてもキャッチャーのタムヒロが盗塁を2連続で封じるなど、バッテリーの活躍やサードのフクヒロの好守も出て、この試合も前の試合に引き続き、4イニングを無失点に抑えます。

 打撃陣も好調な勢いそのままに、初回コウタロウの先頭打者ホームランやTソウマの2点タイムリーなどで3点を先制します。その後もハルトのタイムリーヒットやセナトの犠牲フライもあり、4回までに10点を奪い、勝利しました。

 次はいよいよ決勝戦となります。5年生を中心に少年野球らしく大きな声を出して、精一杯プレーし、今年度初のタイトル奪取に向けて全力を尽くしましょう。

 対戦頂きましたジュニア葵さん、ありがとうございました。

【C】さわやかカップ 予選ブロック 第2戦

 

日付:2024年4月28日(日)  場所:樽町グラウンド
大会名:さわやかカップ ブロック戦 第2戦
対戦相手:師岡ベアーズ
チーム名
師岡B 0 0 0 0 0 0 2
川和S 0 2 4 0 x 6 6
バッテリー:投)ケイシン-マエヒロ 捕)ハヤト 公式戦通算成績:4戦3勝0敗1分

本塁打:ハヤト
三塁打:なし
二塁打:テルトラ、タクミ

前日に引き続きさわやかカップの第2戦。初対戦となる師岡ベアーズさんとの1戦でした。

結果は被安打2の完封勝利!
昨日は4年生の活躍で勝利しましたが、この日は3年生が試合を引っ張ります。

3年のケイシン、マエヒロの投手リレーによる完封。二人ともに被安打1、三振4つの快投でゲームを作ります。

ゲームのターニングポイントとなったのは2回。
二塁打、盗塁と三塁までの出塁を許しましたが守備の好プレーでホームを踏ませない鉄壁の守備。ここで一気に流れを引き寄せます。

すると打線が爆発!2回は3年テルトラの二塁打で先制すると3回はハヤトの一発もあり、一挙大量得点。
一気にゲームを決める展開となりました。

試合後、コーチからの「ゲームを決める勝負ポイント」。
今日は2回の攻守がポイントとなり、勝利の流れを引き寄せることができました!

こうした勝負の決め手となるポイントを押さえ、勝利をつかんでいきましょう!

そのためにも練習!あるのみです!

対戦頂いた師岡ベアーズさん、ありがとうございました。

 

【C】さわやかカップ 予選ブロック 第1戦

 

日付:2024年4月27日(土)  場所:都田西小学校
大会名:さわやかカップ 予選ブロック 第1戦
対戦相手:茅ヶ崎エンデバーズ
チーム名
茅ヶ崎E 2 2 1 0 3 8 8
川和S 1 6 0 0 2x 9 7
バッテリー:投)ルイト-リョウスケ 捕)ハヤト 公式戦通算成績:3戦2勝0敗1分

本塁打:なし
三塁打:リョウスケ、ルイト
二塁打:ナチ、ヒナタ

GWも始まり晴天の中、32チームで開催されるさわやかカップの予選ブロック戦がスタートしました。

ブロック初戦の相手は茅ヶ崎エンデバーズさん。近隣のチームとあってお互いをよく知る好敵手です。

初回、先頭打者にヒットを許すと選手全員が浮足立ち、投守において精彩を欠き、リードを許します。

それでも2回裏、ファーボールからの連続出塁、キャプテンリョウスケの回心の三塁打含め打者一巡の猛攻を見せます。

このまま逃げ切りかとも思えた最終回。3、4回と素晴らしいピッチングを見せたリョウスケも、ヒットからの連続出塁を許すと若干の乱れもあり逆転されてしまいます。

しかし最終回、しかも2アウトから、2年ハルセが四球で出塁すると、投打で引っ張ったリョウスケの背中を預ける4年生のルイト、ナチによる見事な連続長打!!
シーソーゲームを制し、サヨナラでの勝利を飾りました。

昨年から引き続き、接戦時のメンタルが心配されましたが、この日は最後まで集中し、戦い抜くことができました。

好敵手とのゲーム数を多く経験し、強く負けないメンタル、チームを目指しましょう!!

対戦頂いた茅ケ崎エンデバーズさん、ありがとうございました。

 

【B】KBBA 1回戦

 

日付:2024年5月3日(金)  場所:保土ヶ谷球場
大会名:KBBA 1回戦   対戦相手:山下ジャイアンツ
チーム名
山下G 0 0 0 0 0 1
川和S 2 0 5 3 10 7
バッテリー:投)Sソウマ 捕)タムヒロ
公式戦通算成績:2戦2勝0敗

本塁打:コウタロウ、セナト
三塁打:コウタロウ、タムヒロ
二塁打:コウタロウ、ハルト

 KBBAの1回戦、山下ジャイアンツさんと対戦しました。

 この日の先発もSソウマ。ストライク先行の投球で初回を無失点に抑えます。
 するとその裏、4番セナトのホームランなどで2点を先制します。2回以降もSソウマは安定した投球を続け、更にはフクヒロやナチ、リョウスケの好守などもあり、4回までスコアボードに0を刻みます。その好投に応えるように打線も奮起し、3回にはコウタロウ、ハルト、タムヒロの3連続長打、4回にもTソウマのスクイズなどでここまでに10点を奪い、試合終了となりました。

 この日はみんなが憧れる保土ヶ谷硬式野球場での試合となりました。そのこともあってか一人一人がいつも以上にモチベーションも高く、大きな声を出してプレーする姿が見られました。
 このような素晴らしい環境でプレー出来たことに感謝し、そしてまたこの舞台に戻ってくることが出来るように一戦必勝で頑張っていきましょう。

 対戦頂いた山下ジャイアンツさん、このような機会を与えて頂きました関係者の皆様、ありがとうございました。

 

【B】都筑区少年野球連盟 春季トーナメント2回戦

 

日付:2024年4月21日(日)  場所:牛ヶ谷公園
大会名:都筑区少年野球連盟 春季トーナメント2回戦
対戦相手:早渕レッドファイヤーズ
チーム名
早渕R 0 0 0 0 0
川和S 10 2 × 12 12
バッテリー:投)Sソウマ-Tソウマ 捕)タムヒロ 公式戦通算成績:1戦1勝0敗0分

本塁打:コウタロウ、セナト
二塁打:コウタロウ×2、セナト

 5年生以下のBチームの区大会初戦、早渕レッドファイヤーズさんと対戦しました。

 今年度のBチーム開幕戦のマウンドを託されたのはSソウマ。初戦特有の固さも見せず、落ち着いた投球で初回を無失点で乗り切ります。
 するとその裏、ハルトがヒットで出塁するとタムヒロがタイムリーヒットを放ち、先制点を奪うと、ここからセナトの2ランホームラン、コウタロウの満塁ホームラン、そしてハヤトにもヒットが生まれ、この回一挙に10点を奪います。

 2回にもフクヒロ、リョウスケのヒットなどで2点を追加します。

 初回に続き、2回もSソウマは安定した投球で得点を許さず、3回はTソウマに繋ぎ、最後はライトに入ったマエヒロのファインプレーも出て、12対0でシャークスが勝ちました。

 今年度初戦ではありましたが、チーム一丸となり、全員出場での勝利で幸先の良いスタートなりました。

 この先も勝ち続けていくには1人1人の当たり前のレベルを上げていくことが求められます。日々の練習の「質」を高め、少ないチャンスを活かせるチームになりましょう。

 対戦頂いた早渕レッドファイヤーズさん、ありがとうございました。

 

【C】わかばジュニア 1回戦

 

日付:2024年4月20日(土)  場所:子ども甲子園
大会名:わかばジュニア 1回戦
対戦相手:希望ヶ丘少年野球団
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 H E
川和S 1 1 1 3 5 11
希望ヶ丘 0 0 0 0 0 0
投)ケイシン、リョウスケ - 捕)ハヤト

二塁打:なし
三塁打:なし 本塁打:なし

公式戦通算成績:2戦1勝0敗1分

Cチームの公式戦2戦目はわかばジュニア。
相手は旭区の希望ヶ丘少年野球団さん、負けたら終わりのトーナメント戦に臨みました。

結果は11対0の勝利。
公式戦で初めての勝利を手にすることができました。
大手を振って大喜び!!!とはいきません。

数字の上では快勝ですが内容としては今一つ・・・。
そんな試合展開でした。

まずは前回出た課題「サインミス」が
未だに直らなかったこと。
まだまだ試合に浮足立ち
サインを「見ない」「忘れる」が減らず・・・。

今後も改善できるよう日々練習していきましょう。

そして、なによりも「ヒット 1本」
相手のミスによる得点が多かっただけに勝たせていただいたようなもの。
緩急のある素晴らしいピッチャーを前に翻弄されていました。

勝ち上がれば上がるほど素晴らしいピッチャーと対戦します。
そんな中でもしっかりと打てるよう日頃のバッティングは
欠かさず!!練習していきましょう!

そんな中でも、素晴らしいプレーもありました。
・ケイシン「ノーヒット、5奪三振」圧巻のピッチング
・テルトラの完璧なスクイズ

みんなの成長もたくさん感じています!!
一つ一つの試合を重ね、日々成長する姿をこれからも期待しています!

次の試合も頑張りましょう!!

対戦いただいた希望ヶ丘少年野球団さん、ありがとうございました。

【C】都筑区教育リーグ 第一戦

 

日付:2024年4月7日(日)  場所:荏田西グラウンド
大会名:都筑区少年野球連盟 教育リーグ 第一戦
対戦相手:早渕レッドファイヤーズ
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 H E
早渕R 0 3 0 0 0 3
川和S 2 0 0 0 1 3
投)ルイト、ケイシン - 捕)ハヤト

二塁打:なし
三塁打:なし 本塁打:なし

公式戦通算成績:1戦0勝0敗1分

春らしいさわやかな陽気の中、
シャークス新Cチームもオフシーズンの練習、数多のオープン戦を経て
いよいよ公式戦がスタート!一年の始まりです!

今年のCチームが目標とする「教育リーグ優勝」を目指し、第一戦目を早渕レッドファイヤーズさんと戦いました!

結果は3対3の引き分け、最終回に粘り強さを見せなんとか勝ち点1を得ることができました。

今回の試合は
日頃の練習の成果が出たところ、
出なかったところがはっきりと現れた試合となりました。

成果が良くでていた点は、
個人の攻撃&守備がしっかりと成長していました。
相手のファインプレーも何度もあり、得点こそ阻まれましたが
日頃からバットを振っているからこその打球を何度も見ることができましたし、
守備でも難しいライナーやゴロの捕球、味方同士のキャッチボールも
以前より成長を感じました。

しかし、それだけでは野球は勝てません。
今回の課題は「サインミス」。
監督がざっと数えただけで実に7回のミス。
これにより勝機を逸した事が勝てなかった最大の要因といえるでしょう。

コーチからの話で「なぜ野球はスリーアウトでチェンジなのか?」
このワードと答えをしっかりとメンバー全員が理解し、共通認識のもと
攻守を行えばきっとより良い成果となるでしょう!

今年もまだ始まったばかり。
一年を通して伸びしろは無制限にあります!!
楽しみ、そして勝つ野球を、このCチーム全員で作り上げていきましょう!!

対戦いただいた早渕レッドファイヤーズさん、ありがとうございました。