3年生以下ダイアリー

【T】春季区大会決勝トーナメント決勝

日付:2022年5月15日(日)  場所:おちあい公園
大会名:春季区大会決勝トーナメント決勝   対戦相手:ジュニア葵
チーム名
川和S 2 2 0 0 4
ジュニア葵 2 4 1 × 7
 公式戦通算成績:11戦10勝1敗0分

二塁打:コウタロウ 三塁打:なし 本塁打:なし

春季区大会決勝トーナメントの決勝戦。
ジュニア葵さんと対戦しました。

シャークスは残念ながら4対7で敗戦。悔しい準優勝となりました。

準決勝の守備でフライを取る際に選手間で衝突があり、
キャプテンで打線&守備の要でもあるソウマが、決勝に出れないという事態が発生しました。
試合に出れないソウマの分まで、選手全員で頑張りました。

初回にシャークスは気迫で2点を先制します。
しかし、その裏すぐに2点を取り返されます。ソウマの代わりにショートに入ったタムヒロが3つのアウト。
皆でカバーする野球を体現します。

2回にも打ち合い。シャークスは下位打線からの攻撃でしたが、コウタロウの2塁打もあり2点を追加。
しかし2回裏にエラーも重なり、打者一巡で4点を失い逆転されます。

その後も最後まで諦めずに食らいつきますが、4対7で非常に悔しい敗戦となりました。

タラればになりますが、前の試合で選手同士の声掛けがしっかりできていれば・・・。
これは、どの学年でも一緒です。練習でも口を酸っぱくして言っているのは、フライの時の選手間の声掛け。
単に勝ち負けだけではなく、怪我を防ぐことが第一目的。
日頃の練習からできないことは、本番でもできません。

秋の区大会では、フルメンバーで優勝して、皆で歓喜の帽子投げをしましょう。

対戦いただいた、ジュニア葵さん、ありがとうございました。

【T】春季区大会決勝トーナメント準決勝

日付:2022年5月15日(日)  場所:おちあい公園
大会名:春季区大会決勝トーナメント準決勝   対戦相手:山田バッファローズ
チーム名
川和S 3 2 0 1 0 6
山田バッファローズ 0 2 0 0 0 2
 公式戦通算成績:10戦10勝0敗0分

二塁打:ソウマ、コウタロウ2、フクヒロ 三塁打:なし 本塁打:なし

春季区大会決勝トーナメント準決勝。
山田バッファローズさんと対戦しました。

シャークスは6対2で勝利。決勝進出です。

初回、ソウマの2ベースと皮切りに、4番フクヒロの2ベースもあり3点を先制します。

1回裏に、シャークスに素晴らしいプレーが生まれます。
ヒット2本でノーアウト1・2塁とピンチを迎えますが、ファーストゴロからコウタロウがホームに猛ダッシュ。
サードのタムヒロ、ショートソウマとの連携もあり、ランナーを次々にアウト。
何とトリプルプレー。大ピンチをゼロに抑えて、相手に流れを渡しません。

その後、再び上位打線で2点を追加し、試合を優位に進めます。

しかし、4回裏に想定外の事象が発生。
レフトのリョウスケとショートのソウマがフライを取る際に交錯。
キャプテンのソウマが負傷交代となる大ピンチ。

何とかチーム全体でカバーして6対2で勝利となりました。

決勝は、ソウマ不在で試合に臨まざるをえなくなりました。
人数も少ない中で非常に痛いですが、決勝は全員野球で頑張りましょう。

対戦いただいた、山田バッファローズさん、ありがとうございました。

【T】春季区大会決勝トーナメント2回戦

日付:2022年5月15日(日)  場所:おちあい公園
大会名:春季区大会決勝トーナメント2回戦   対戦相手:横浜フューチャーズ
チーム名
川和S 3 1 0 2 2 8
横浜フューチャーズ 0 0 1 0 0 1
 公式戦通算成績:9戦9勝0敗0分

二塁打:ソウマ3、コウタロウ2 三塁打:なし 本塁打:なし

春季区大会決勝トーナメント2回戦。
横浜フューチャーズさんと対戦しました。

シャークスは8対1で勝利。
1番ソウマ、2番コウタロウが好調で2ベース連発。
守備も固く、幸先のよいスタート。

Tチーム区大会の3季連続優勝に向けて好発進です。
体験の助っ人3人も頑張りました。

対戦いただいた、横浜フューチャーズさん、ありがとうございました。

【T】春季ATM大会決勝

日付:2022年5月4日(祝)  場所:長坂谷公園グラウンド
大会名:春季ATM大会決勝   対戦相手:横浜青葉リトル
チーム名
川和S 5 6 0 2 4 17
横浜青葉リトル 4 0 3 0 0 7
 公式戦通算成績:8戦8勝0敗0分

二塁打:ソウマ、コウタロウ3、ルイト 三塁打:タムヒロ 本塁打:コウタロウ

Tチームの春季ATM大会の2日目。
決勝の相手は、横浜青葉リトルさん。

シャークスは17対7で勝利。
6年ぶりとなる悲願の優勝を果たしました。

32チーム参加の一発トーナメント。
7人の正式部員と3名の体験者で臨んだ本大会。
当初は人数が足りず、不参加の危機もありました。
ようやく人数の目途がついたのは直前。

勝ち切るための可能性はただ一つ「打ち勝つ」。
本来は守備と走塁のチームですが、体験者3名のため守備では勝てません。

そのため、現有部員が打ちまくる。それしかありませんでした。
先手必勝、先行して相手のやる気を削ぐ。取られても取り返す。

まさにその通りの野球を体現し、全5試合打ちまくりました。
過去3大会、3位、2位、2位と来て、ついに悲願の優勝。
選手だけではなく、それを支えるチームスタッフ、親たちにも捧げる感謝の金メダルです。

最優秀選手には今大会2本のホームラン、8本の2ベースを放ったコウタロウが輝きました。
特に決勝での45m超えの大ホームラン、ファーストでの好守備が圧巻でした。

対戦いただいた、横浜青葉リトルさん、ありがとうございました。
また、2日間円滑な大会運営をしていただいた役員及び審判の皆さん、ありがとうございました。

【T】春季ATM大会準決勝

日付:2022年5月4日(祝)  場所:長坂谷公園グラウンド
大会名:春季ATM大会準決勝   対戦相手:市ヶ尾禅当寺
チーム名
川和S 6 3 1 5 3 18
市ヶ尾禅当寺 0 6 0 0 3 9
 公式戦通算成績:7戦7勝0敗0分

二塁打:ソウマ2、コウタロウ、タムヒロ、フクヒロ、リョウスケ 三塁打:なし 本塁打:なし

Tチームの春季ATM大会の2日目。
準決勝の相手は、市ヶ尾禅当寺さん。

ここからは、相談役の市原さん、Aチームヘッドコーチの谷口さん、
Cチーム監督の倉茂さんも応援に駆けつけて、悲願の優勝に向けてチーム総力戦。

シャークスは18対9で勝利。
点数の通り、まさに乱打戦。

この試合も初回に3連続2ベースで6点を取り、優位に試合を進めます。
2回にも3点を追加して9対0。
しかし、そこから相手の猛攻を受けて、連打連打で6失点。

ただ、ある程度の失点は織り込み済み。
ここで焦らず、下位打線で1点をもぎ取ったのが大きく、
4回には上位打線の連打で5点を追加。
最終回にも3点を追加して打撃戦を制しました。

これで3大会連続で決勝に進出しました。
決勝は、予想はしていましたが、強豪の横浜青葉リトルさん。

対戦いただいた、市ヶ尾禅当寺さん、ありがとうございました。

【T】春季ATM大会準々決勝

日付:2022年5月4日(祝)  場所:長坂谷公園グラウンド
大会名:春季ATM大会準々決勝   対戦相手:栗木ジャイアンツ
チーム名
川和S 4 2 0 3 9
栗木ジャイアンツ 0 0 3 0 3
 公式戦通算成績:6戦6勝0敗0分

二塁打:ソウマ、コウタロウ2、タムヒロ 三塁打:なし 本塁打:コウタロウ、タムヒロ

Tチームの春季ATM大会の2日目。
準々決勝の相手は、栗木ジャイアンツさん。

シャークスは9対3で勝利。
ここから対戦する相手は、かなり打力のあるチームなので、
ある程度の失点は仕方ないとして、打ち勝つ野球を目指しました。

初回、3連続2ベースもあり幸先よく4点先制。
2回には、コウタロウ、タムヒロの2者連続ホームラン。
シャークス自慢の上位打線が火を噴きます。
3回に3点失うも、すぐに3点を取り返して、
打線の力で準決勝に進出しました。

対戦いただいた、栗木ジャイアンツさん、ありがとうございました。

【T】春季ATM大会2回戦

日付:2022年5月3日(祝)  場所:長坂谷公園グラウンド
大会名:春季ATM大会2回戦   対戦相手:山手メイツ
チーム名
川和S 1 1 2 1 6 11
山手メイツ 1 0 0 3 0 4
 公式戦通算成績:5戦5勝0敗0分

二塁打:ソウマ、コウタロウ、タムヒロ、フクヒロ、ルイト 三塁打:なし 本塁打:タムヒロ

Tチームの春季ATM大会。
2回戦の相手は、山手メイツさん。

シャークスは11対4で勝利。
スコアだけ見れば快勝に見えますが、かなり大接戦。
さすが、強豪の竹山レッドソックスさんに勝った山手メイツさん。
非常に好ゲームとなりました。

試合の決着を決めたのは、主砲タムヒロ。
打った瞬間ホームランと分かる大ホームラン。
1点差に追いつかれた最終回に、試合の決着をつける3ランでした。

明日は準々決勝。相手は強打の栗木ジャイアンツさんです。

対戦いただいた、山手メイツさん、ありがとうございました。

【T】春季ATM大会1回戦

日付:2022年5月3日(祝)  場所:長坂谷公園グラウンド
大会名:春季ATM大会1回戦   対戦相手:市ヶ尾シャークス&パールズ連合
チーム名
市ヶ尾シャークス&パールズ連合 1 0 0 0 1
川和S 1 2 1 4 8
 公式戦通算成績:4戦4勝0敗0分

二塁打:コウタロウ、タムヒロ、フクヒロ、ルイト、テル 三塁打:なし 本塁打:なし

Tチームの春季ATM大会が始まりました。
横浜市を中心に32チームが参加する大規模なTボール大会。
シャークスは、過去3大会で3位、2位、2位。
上位の常連ですが、僅かに優勝に届いていません。
今年こそは優勝と意気込んでの大事な初戦。

1回戦の相手は、市ヶ尾シャークス&パールズ連合さん。

シャークスは8対1で勝利。
1点先制されましたが、すぐに2点を取り逆転。
その後も毎回得点で着実に差を広げました。
守備も要のソウマを中心に1失点。

初戦ということもあり、少し硬さが見られました。
それでも、少しずつ普段通りの野球ができてきました。

正式部員が7名しかおらず、体験者3名を入れての戦い。
テル、テルトラ、アオイも頑張りました。
特にテルは2ベースを放つなど、もはや助っ人の大活躍でした。

対戦いただいた、市ヶ尾シャークス&パールズ連合さん、ありがとうございました。

【T】春季区大会ブロック戦

日付:2022年4月30日(土)  場所:都田公園グラウンド
大会名:春季区大会ブロック戦   対戦相手:横浜フューチャーズ
チーム名
横浜フューチャーズ 1 0 0 0 0 1
川和S 2 3 0 5 × 10
 公式戦通算成績:3戦3勝0敗0分

二塁打:ソウマ、コウタロウ3、タムヒロ、フクヒロ 三塁打:なし 本塁打:なし

Tチームの区大会ブロック戦の第3戦、
横浜フューチャーズさんと対戦しました。

シャークスは10対1で勝利。
フューチャーズさんは打線がよく、先制点を奪われましたが、
その裏に上位打線の長打で逆転。
長打力でそのまま、押し切りました。

この試合もコウタロウは2塁打3本。
1日8本の2塁打の大活躍でした。

3日~4日は、目標にしているATM大会。
この勢いで、優勝を目指して頑張りましょう。

対戦いただいた、横浜フューチャーズさん、ありがとうございました。

【T】春季区大会ブロック戦

日付:2022年4月30日(土)  場所:都田公園グラウンド
大会名:春季区大会ブロック戦   対戦相手:早渕レッドファイヤーズ
チーム名
早渕レッドファイヤーズ 0 0 0 0 0
川和S 2 5 4 × 11
 公式戦通算成績:2戦2勝0敗0分

二塁打:ソウマ、コウタロウ2、タムヒロ、リョウスケ 三塁打:なし 本塁打:なし

Tチームの区大会ブロック戦の第2戦、
早渕レッドファイヤーズさんと対戦しました。

シャークスは11対0で2試合連続の完封勝利。

シャークス自慢の内野陣が好守備を連発。
ショートソウマのライナーキャッチ。
サードのタムからセカンドのヒロトをつなぎ、
ファーストのコウタロウでのダブルプレイ完成。

打線も活発で毎回得点。
2年生のリョウスケにも2塁打が飛び出しました。

対戦いただいた、早渕レッドファイヤーズさん、ありがとうございました。

【T】春季区大会ブロック戦

日付:2022年4月30日(土)  場所:都田公園グラウンド
大会名:春季区大会ブロック戦   対戦相手:横浜球友会
チーム名
川和S 4 3 4 4 15
横浜球友会 0 0 0 0 0
 公式戦通算成績:1戦1勝0敗0分

二塁打:ソウマ2、コウタロウ3、タムヒロ、フクヒロ 三塁打:なし 本塁打:なし

Tチームの区大会ブロック戦の初戦、
横浜球友会さんと対戦しました。

シャークスは15対0で勝利。
上位打線が毎回長打を繰り出して快勝。
特に、ソウマ、コウタロウは2塁打連発でした。

体験者を入れないとメンバー構成が難しい状況ですが、
体験の子たちも頑張りました。

GWのTボール大会で幸先のよいスタート。

対戦いただいた、横浜球友会さん、ありがとうございました。

☆2022年グラウンド開き☆

明けましておめでとうございます!
1月8日(土)にグラウンド開きを行いました。

昨年も新型コロナウイルスの影響により試合数は少なく、各種イベントも自粛する形となり、思ったような活動ができませんでした。それでも、一年間を通して6年生を筆頭に子供たちは成長した姿を見せてくれました。

今年も感染対策を徹底し、一年間健康で怪我なくプレーができるように祈願しました。
2022年は世の中も落ち着き、子供たちが元気に、全力で野球ができることを楽しみにしています。

川和シャークスの理念は、「少年野球を通じて、礼儀・仲間を思いやる心・感謝の気持ちを培い、日本一を常に意識して最後まで諦めずやり遂げる強い心を養うこと」です。

保護者の皆様のご協力と変わらぬ熱いご声援を、今年もどうぞよろしくお願いします。