大会結果 5年生

【A】YBBL 準々決勝

 

日付:2024年6月2日(日)  場所:本牧海づりグランド
大会名:YBBL 準々決勝
対戦相手:いずみ少年野球クラブ
チーム名
川和S
いずみC ×
バッテリー:投)ミツキ 捕)ジュンタ
3塁打:コウタロウ 2塁打:トウマ ナカジ
公式戦通算成績:23戦22勝1敗

 

YBBL準々決勝の対戦相手は、いずみ少年野球クラブさん。

高円宮杯の2回戦で敗れたチームだけに、試合前からチーム全体が燃えていました。

初回、先頭のコウタロウが右翼オーバーの特大3塁打。続くミツキのセンター前ヒットで欲しかった先制点を奪います。先発のミツキは、先頭に四球を許し、2死後にも四球を与えピンチを招くものの、後続を抑え無失点で切り抜けます。その後は前回の対戦時に、打ち崩せなかった相手好投手にこの日も抑えられてしまいます。ミツキも負けじと相手打線を抑え、お互いにゼロ行進。試合が動いたのは5回。2死後から、Tソウマ、コウタロウの連打でチャンスをつくると、トウマの左中間を破る2塁打で2点を追加。その裏には、ビッグプレーが飛び出します。四球で許したランナーに盗塁、暴投で3塁まで進まれますが、次打者の左翼へのヒットのあたりを、Tソウマが1塁へレーザービーム。左翼ゴロという滅多にお目にかかれないプレーで無失点に抑えます。続く6回には、四球のセナトをキラがバントで2塁に進めると、ナカジの右翼オーバーの2塁打でダメ押し。最後まで投げ抜いたミツキが、相手をノーヒットに抑えて、4対0で前回の雪辱を晴らすことができました。

この日は、6年生の活躍が光りました。いつも怒られてばかりの6年生。今日は前回のリベンジをと意地を見せてくれました。でもまだまだです。頼もしい5年生におんぶにだっこではダメですよ。君たちの目標に向かって、驕ることなく進むのみ。久しぶりのYBBLのタイトルまであと2つ。先輩たちの思いも背負って、突き進め!

対戦いただいたいずみ少年野球クラブさん、ありがとうございました。

先発

自援護!先制打

ダメ押し長打

【B】KBBA 準々決勝

 

日付:2024年5月25日(土)  場所:都田公園G
大会名:KBBA 準々決勝   対戦相手:日吉レッドファイターズ
チーム名
日吉R 0 0 0 0 1
川和S 6 11 X 17 12
バッテリー:投)Sソウマ 捕)タムヒロ 公式戦通算成績:6戦6勝

二塁打:Sソウマ×3

 KBBA準々決勝、日吉レッドファイターズさんと対戦しました。

 この日は投打でSソウマの活躍が光った一戦となりました。

 シャークスは初回、味方のエラーで先頭打者の出塁を許しますが、すぐさまキャッチャーのタムヒロが盗塁を刺し、相手に流れを渡しません。そのプレーでリズムに乗ったSソウマは3回まで内野安打1本しか許さない素晴らしい投球でスコアボードに0を刻み続けます。

 その好投を受けて、打線も奮起し、初回から先頭のハルトが四球で塁に出ると、そこからコウタロウ、タムヒロ、セナト、Tソウマの4者連続ヒットなどで大量点を奪います。その後も、この日の主役であるSソウマが3打席連続でツーベースヒットを放つなど追加点を重ね、最後は満塁のチャンスでマエヒロが痛烈なファーストへの強襲ヒットを放ち、17対0でシャークスが勝ちました。

 この試合では初回にいきなりエラーが出てしまい、そのまま崩れてもおかしくない場面でキャッチャーのタムヒロが好送球でアウトを奪い、チームをリズムに乗せました。誰かがミスしても誰かがフォローしてチームを救う、まさにこれがチームプレーです。

 野球は9人で戦うスポーツであるからこそ、みんなで声を掛け合って、誰かが上手くプレー出来なくても他のメンバーがサポートする、それがどんな試合でも勝利を手にする秘訣です。

 ONE for ALL、ALL for ONE

 この先、益々厳しい戦いが待ち受けますが、チームとして高い一体感を持ち、次戦も勝って、再び保土ヶ谷球場で試合出来るように頑張りましょう。

 対戦頂いた日吉レッドファイターズさん、ありがとうございました。

 

【A】YBBL 2回戦

 

日付:2024年6月1日(土)  場所:新横浜駅前少年野球場
大会名:YBBL 2回戦
対戦相手:ニュー横浜スターズ
チーム名
ニュー横浜S
川和S ×
バッテリー:投)ミツキーコウタロウーコウキ 捕)ジュンタ
2塁打:キラ
公式戦通算成績:22戦21勝1敗

 

YBBL2回戦は、鶴見区の強豪・ニュー横浜スターズさんと対戦しました。
この日は、試合を通して投手陣がピリッとしません。先発のミツキは、先頭打者に四球を与えると、盗塁も決められ、いきなりのピンチを背負います。1死後、またも四球を許しますが、盗塁をジュンタが刺し、ダブルスチールを狙った3塁ランナーをトウマ―ジュンタの好連携のダブルプレーでピンチを切り抜けます。こちらの先頭打者のコウタロウは、右翼オーバーの特大弾もあたりが良すぎて単打に。トウマのバントが内野安打となり、ジュンタのスクイズで先制に成功。2回表も、先頭に2塁打、四球で出塁を許すもミツキが踏ん張り無失点。裏の攻撃では、キラが左翼超えの2塁打でチャンスをつくりますが後が続かず。3回からはコウタロウが登板。満塁のピンチを招きながら後続を抑え、なんとかゼロで抑えます。4回からはコウキがマウンドに。、持ち前のコントロールで相手を抑え、流れをつくります。その裏、先頭のナカジがヒットで出塁。2盗、3盗を決め、チャンスをつくると、キラのスクイズで生還。欲しかった追加点を奪います。その後は、コウタロウが再びマウンドにあがり、しっかりと相手打線を抑えて、2対0で次戦へ駒を進めることができました。
投手陣がランナーを出し、得点はスクイズのみという苦しい試合展開でしたが、我慢比べの中で、しっかりと勝ち切れたのは大きな収穫。選手自らが声を出し、考え、練習してきたプレーが決まったことも大きな自信になったのではないでしょうか。1戦1戦成長しています。次は、高円宮杯で敗れたいずみ少年野球クラブさん。リベンジしましょう!
対戦いただいたニュー横浜スターズさん、ありがとうございました。

バッテリー

先制につながるヒット

継投策で零封

【A】YBBL本選大会 1回戦

 

日付:2024年5月19日(日)  場所:清水ヶ丘公園
大会名:YBBL 本部大会 1回戦
対戦相手:キングP・F
チーム名
川和S
キングP
バッテリー:投)ミツキ 捕)ジュンタ
本塁打:ミツキ 
公式戦通算成績:20戦19勝1敗

 

いよいよYBBL春季大会の1回戦が始まりました。

初戦の相手は、キングパワーズ&ファイヤーズさん。

先攻のシャークスは、先頭のトウマが相手外野陣のエラーで3塁まで進み、内野ゴロの間に先制。
先発ミツキは、デッドボールで出塁を許すも、後続を打ち取り無失点。2回は、2アウト後に、キラが四球を選び、この日先発のハルトの内野安打の後、Tソウマのタイムリーで2点追加。続く3回も四球で出たトウマをミツキがスクイズでかえし4点目。守ってはミツキが四球で出塁を許すも自ら牽制で刺すほか、ジュンタが盗塁を許さず、しっかり相手を無失点に抑えます。6回には、ミツキが右翼オーバーのランニングホームランで追加点を奪い、5対0で初戦を突破しました。

出塁したランナーをしっかりと進めていけば、長打がなくても点数は取れます。良い攻撃は良い守備から。強い相手には、その積み重ねが大事なんです。日頃の練習から意識して、精進していきましょう。
対戦いただいたキングパワーズ&ファイヤーズさん、ありがとうございました。

バッテリー

エラーがらみの進塁からの先制

内野安打からのタイムリーヒット

盗塁刺し

自援護!ランニングホームラン

【B】都筑区少年野球連盟 春季トーナメント決勝戦

 

日付:2024年5月12日(日)  場所:東山田公園
大会名:都筑区大会 決勝   対戦相手:横浜球友会
チーム名
川和S 4 0 0 3 0 2 9 10
球友会 0 0 0 0 0 3 8
バッテリー:投)Sソウマ-セナトーコウタロウ 捕)タムヒロ 
公式戦通算成績:5戦5勝0敗

二塁打:コウタロウ×3、ハルト、セナト

 春の都筑区大会の決勝、横浜球友会さんと対戦しました。

 シャークスは初回タムヒロの技ありのタイムリーやセナト、Tソウマの連続ヒットもあり、4点を先制します。早速援護を貰った先発のSソウマもその裏をテンポ良く3人で抑え、幸先の良いスタートを切ります。

 しかし3回に四球やヒットでランナーを置いた状況でタイムリーヒットを許し、更にはミスなども重なり、3点を失います。

 1点差に迫られ、相手が勢い付く中、迎えた4回にコウタロウ、ハルトの連続タイムリーヒットなどですぐさま3点を返します。

 更に6回にもフクヒロのタイムリーヒットなどで2点を追加します。投手陣も先発のSソウマの後をセナト、コウタロウと繋ぎ、ルイトの好守もあり、追加点を許さず、最終的には9対3でシャークスが勝利しました。

 この勝利で新チームとなって初めてのタイトル奪取となりました。この先はより大きな大会へと繋がっていきます。みんなで力を合わせ、一つ一つのプレーを大切に、次のトーナメントも勝ち抜いていきましょう。
 常に元気に全力で!

 対戦頂いた横浜球友会さん、ありがとうございました。

 

 

 

【B】KBBA 2回戦

 

日付:2024年5月11日(土)  場所:藤塚小学校
大会名:KBBA 2回戦   対戦相手:キングパワーズ&ファイヤーズ
チーム名
川和S 5 4 4 13 5
KP&F 0 0 0 0 0
バッテリー:投)Tソウマ-ハルト 捕)タムヒロ 公式戦通算成績:4戦4勝

本塁打:タムヒロ

 KBBAの2回戦、キングパワーズ&ファイヤーズさんと対戦しました。

 シャークスは初回タムヒロのレフトへの特大ホームランなどで5点を先制します。

 大量の援護を貰い、先発のマウンドに立ったTソウマは初回こそ四球などでランナーを許しますが、徐々に調子を上げ、2回は完璧な投球を見せ、2イニングを無失点で役割を終えます。
 攻撃陣も2回、3回とフクヒロやハヤトのタイムリーヒットで3回までに13点を奪います。最後は今シーズン公式戦初登板となったハルトが堂々としたピッチングで無失点に抑え、13対0で勝利しました。

 この日はリョウスケ、ルイト、ナチ、マエヒロも打席に立ち、盗塁を決める選手も出るなど、それぞれが活躍しました。

 この先勝ち抜いていくにはチーム全員のレベルを上げていくことが重要となります。試合経験を重ね、チームとしても個人としても確実に成長していきましょう。

 対戦頂いたキングパワーズ&ファイヤーズの皆様、グランド準備含めてありがとうございました。

【B】都筑区少年野球連盟 春季トーナメント準決勝

 

日付:2024年5月6日(月)  場所:牛ヶ谷公園
大会名:都筑区大会 準決勝   対戦相手:ジュニア葵
チーム名
J葵 0 0 0 0 0 2
川和S 3 2 2 3x 10 5
 バッテリー:投)Sソウマ 捕)タムヒロ 公式戦通算成績:3戦3勝

本塁打:コウタロウ

 春の都筑区大会の準決勝、ジュニア葵さんと対戦しました。

 この試合も先発を任されたのは最近好調のSソウマ。
 初回先頭打者に四球を許すも自ら牽制でアウトを奪うと、その後は丁寧な投球、加えて安打などで出塁されてもキャッチャーのタムヒロが盗塁を2連続で封じるなど、バッテリーの活躍やサードのフクヒロの好守も出て、この試合も前の試合に引き続き、4イニングを無失点に抑えます。

 打撃陣も好調な勢いそのままに、初回コウタロウの先頭打者ホームランやTソウマの2点タイムリーなどで3点を先制します。その後もハルトのタイムリーヒットやセナトの犠牲フライもあり、4回までに10点を奪い、勝利しました。

 次はいよいよ決勝戦となります。5年生を中心に少年野球らしく大きな声を出して、精一杯プレーし、今年度初のタイトル奪取に向けて全力を尽くしましょう。

 対戦頂きましたジュニア葵さん、ありがとうございました。

【A】都筑区大会 決勝

 

日付:2024年5月12日(日)  場所:東山田公園
大会名:都筑区大会
対戦相手:山田バッファローズ
チーム名
山田B
川和S
バッテリー:投)ミツキーコウタロウ 捕)ジュンタ
本塁打:コウタロウ 2塁打:トウマ ナカジ ソウマ      
公式戦通算成績:19戦18勝1敗

 
「目標まであとひとつ」―。

区大会の決勝は、強打の山田バッファローズさんと対戦しました。

初回、エース・ミツキが相手打線を剛球でねじ伏せ、最高の立ち上がり。
その裏、ケガから戻ってきたトウマが先頭でいきなり右中間を破る2塁打の後、相手バッテリーエラーで欲しかった先制点を奪います。2回表、ミツキが四球で出塁を許すも後続を打ち取り、無失点。2回裏には、内野安打で出塁したセナトを進塁打で進め、キラがスクイズに成功。2アウト後、こちらもケガ明けのナカジがレフト線への2塁打。Tソウマが追い込まれながらも、左中間を破るヒットと積極的な走塁で2塁へ。この回2点を追加します。キラ、Tソウマの外野陣の好守備で3回、4回と無失点で切り抜けた4回裏、Tソウマのスクイズで1点追加。5回表からはコウタロウが登板。3者凡退に抑え、その裏には自ら柵越えの本塁打を放ち、チームの盛り上がりは最高潮に。その後も追加点を挙げ、最終回もコウタロウが2者を抑え、最後はミツキが再登板。きっちりと締めて、ゲームセット。7対0で優勝を勝ち取りました。

この日は、コーチからも話があったように、序盤からピッチとベンチの選手たちが一体となって試合に入り込んでいたのが勝因。ミスがなかったわけではないものの、バントや走塁など決めるところで決める。これを毎試合続けなければ、意味がありません。この区大会は、ケガが続いた6年生に代わって入った頼もしい5年生の活躍が光りました。レギュラー争いに学年は関係ありません。切磋琢磨し、チーム力をあげていきましょう。今回の結果で上部大会への出場権を得ることができました。チーム一丸となってタイトルを目指しましょう。

対戦いただいた山田バッファローズさん、大会を運営いただいた連盟の方々、ありがとうございました。

 

バッテリー

2塁打からの先制のホーム

2塁打

2塁打

熱盛!超ファインプレー



クローザー


 

【B】KBBA 1回戦

 

日付:2024年5月3日(金)  場所:保土ヶ谷球場
大会名:KBBA 1回戦   対戦相手:山下ジャイアンツ
チーム名
山下G 0 0 0 0 0 1
川和S 2 0 5 3 10 7
バッテリー:投)Sソウマ 捕)タムヒロ
公式戦通算成績:2戦2勝0敗

本塁打:コウタロウ、セナト
三塁打:コウタロウ、タムヒロ
二塁打:コウタロウ、ハルト

 KBBAの1回戦、山下ジャイアンツさんと対戦しました。

 この日の先発もSソウマ。ストライク先行の投球で初回を無失点に抑えます。
 するとその裏、4番セナトのホームランなどで2点を先制します。2回以降もSソウマは安定した投球を続け、更にはフクヒロやナチ、リョウスケの好守などもあり、4回までスコアボードに0を刻みます。その好投に応えるように打線も奮起し、3回にはコウタロウ、ハルト、タムヒロの3連続長打、4回にもTソウマのスクイズなどでここまでに10点を奪い、試合終了となりました。

 この日はみんなが憧れる保土ヶ谷硬式野球場での試合となりました。そのこともあってか一人一人がいつも以上にモチベーションも高く、大きな声を出してプレーする姿が見られました。
 このような素晴らしい環境でプレー出来たことに感謝し、そしてまたこの舞台に戻ってくることが出来るように一戦必勝で頑張っていきましょう。

 対戦頂いた山下ジャイアンツさん、このような機会を与えて頂きました関係者の皆様、ありがとうございました。

 

【A】都筑区区大会 準決勝

 

日付:2024年5月6日(月)  場所:牛が谷グランド
大会名:都筑区区大会
対戦相手:横浜球友会
チーム名
球友会
川和S ×
バッテリー:投)ミツキージュンタ 捕)ジュンターミツキ
本塁打:ジュンタ 2塁打:コウキ    
公式戦通算成績:18戦17勝1敗

 

区大会準決勝のお相手は、昨年秋に決勝で戦った横浜球友会さん。

好投手を擁するチームを相手に、湿りやすい打線がどう攻略するかがこの試合のカギに。
課題だった試合の入り方も、コーチから“愛”のあるシートノックで気合充分。
ベンチ、応援席も大盛り上がりの中でプレーボール。試合は序盤から、
予想通りエース・ミツキと相手エースの投げ合いに。毎回出塁こそするものの、
相手投手の快速球に後が続かず無失点が続く。好投を続けるミツキへの援護が欲しい中、
試合が動いたのは4回。球数制限に近づいた相手エースの降板後、
我らが主砲・ジュンタが打った瞬間にそれとわかる特大ホームラン。
守っても、セナト、Tソウマら内野陣の落ち着いた守備で得点を許さず。
1対0のまま迎えた最終回、ミツキの後を受けたジュンタがしっかり抑え、
ゲームセット。ヒリヒリする投手戦を制し、決勝へと駒を進めることができました。

好投手からの連打が難しい中で、いかに得点をあげるか。無駄な四球、失策をせず、
我慢が続く展開の中で、いかに流れを持ってくるか。高円宮杯で同じ展開で敗戦し、
悔し涙を流した経験を忘れずに生かしてほしい。自分たちで雰囲気を盛り上げ、試合の流れを持ってくる。
難しいことだけど、それらを監督、コーチは望んでいます。
「優勝して上部大会へ出場」。目標まであとひとつ。一歩一歩成長していきましょう。

対戦いただきました横浜球友会さん、ありがとうございました。

【A】都筑区区大会

 

日付:2024年5月3日(金)  場所:都田公園グランド
大会名:都筑区区大会
対戦相手:早渕レッドファイヤーズ
チーム名
早渕R
川和S ×
バッテリー:投)ジュンターコウキ 捕)ミツキ
本塁打:     
公式戦通算成績:17戦16勝1敗

 都筑区区大会戦  早渕レッドファイヤーズさんと対戦しました。

 対戦頂きました、早渕レッドファイヤーズさん、グラウンド設営含めて、

 ありがとうございました。

【A】あじさいブロック

 

日付:2024年4月29日(月)  場所:天神グランド
大会名:あじさいリーグ
対戦相手:今井仲町子ども会野球部
チーム名
今井
川和S ×
バッテリー:投)セナトーソウマ 捕)ミツキータムヒロ
本塁打:コウタロウ      
公式戦通算成績:16戦15勝1敗

 あじさいリーグ戦  今井仲町子ども会野球部さんと対戦しました。

 対戦頂きました、今井仲町子ども会野球部さん、グラウンド設営含めて、

 ありがとうございました。