大会結果 4年生以下

【C】西部リーグ

日付:2019年7月6日(土)  場所:上川井堂谷公園
大会名:西部リーグ   対戦相手:若葉台リトルバーズ
チーム名
若葉台LB 0 2 2 6 4 14
川和S 0 0 1 0 0 1
公式戦通算成績:15戦11勝3敗1分

西部リーグ 若葉台リトルバーズさんとの対戦。
先発のルイは初回の攻撃を3者凡退に仕留め、上々の立ち上がり。
しかしシャークスも制球が良い相手ピッチャーを捉えられず、リズムに乗れない。
2回に先制を許すと3回にはエラーが重なりさらに2失点してしまう。
3回裏は振り逃げと相手エラーで1点を返すが、チャンスの場面であと1本が出ず、
4回に打者11人の猛攻を浴びて6失点で万事休す。
相手の打撃力は素晴らしかったが、連続してエラーがでるなど、苦しい場面でも
いつものプレーができるようにならないと強い相手とは渡り合えないことを肝に銘じよう。

【C】区大会(教育リーグ)

日付:2019年6月29日(日)  場所:都田西小学校
大会名:区大会(教育リーグ)   対戦相手:茅ヶ崎エンデバーズ
チーム名
茅ヶ崎E 0 3 0 0 3
川和S 6 1 6 X 13
公式戦通算成績:13戦10勝2敗1分

区大会の教育リーグ 茅ヶ崎エンデバーズさんと対戦しました。
1回裏、9人中8人が出塁する猛攻撃を見せ、先頭から6人連続でホームへ帰り着実に加点した。
3回も先頭のヨシキが四球で出塁すると、カイトがこの日5打点目となる3塁打を放つなど初回と同様に6人連続で得点を記録。
投手陣も先発カイトが2回に味方のエラーと四球が重なり被安打ゼロながら3失点してしまうが、3回からリリーフしたユウも無安打記録を続けて、打者合計18人を2人のノーヒットリレーで締めた。

【C】さわやかJr.

日付:2019年6月30日(日)  場所:うさぎ山公園
大会名:さわやかJr   対戦相手:三ッ沢ライオンズ
チーム名
三ッ沢L 0 0 0 0 1 1
川和S 4 10 0 0 X 14
公式戦通算成績:14戦11勝2敗1分

さわやかJr 三ッ沢ライオンズさんと対戦しました。
1回裏の攻撃、先頭ユウのヒットを足掛かりに1点を先制して2アウト1-2塁。ここからコタロウ、シュレンと連続タイムリーでこの回4得点。続く2回にもルイの2打席連続タイムリーなど打者13人の猛攻で10点を奪い試合を決めた。
投手陣は4回まで無得点で抑えたが、最終回に四球で出したランナーをセカンドへのけん制エラーから1点を献上してしまい、惜しくも完封リレーを逃した。
接戦だったらこのようなミスは致命傷になる。普段から緊張感を持った練習をしてミスを減らそう。

【C】西部リーグ ブロック戦

 

日付:2019年6月23日(日)  場所:若葉台日向根公園グラウンド
大会名:西部リーグ   対戦相手:オール川井
チーム名
川和S 0 0 2 1 1 4
オール川井 0 0 1 0 0 1
公式戦通算成績:12戦9勝2敗1分

西部リーグ ブロック戦
オール川井さんと対戦しました。
シャークスは1回、2回とも得点圏にランナーを進めながら走塁ミスなどでチャンスを潰す重苦しい展開の中、
3回の攻撃では四球を足掛かりに、相手のミスを誘ってようやく2得点。
4回には鈴木ユウのランニングHRが飛び出し、さらに5回にも足を活かして加点していく。
先発投手のルイは3回に左中間にランニングホームランを打たれるものの、しっかりと立て直してこの後許したのは5回の内野安打だけ。2安打・1四球・1失点の5回完投とナイスピッチングでした!

【C】親善交流Jr.

 

日付:2019年6月22日(土)  場所:都岡小学校
大会名:親善交流Jr.   対戦相手:白根ファイターズ
チーム名
白根ファイターズ 1 0 1 0 2 4
川和S 3 0 1 3 X 7
公式戦通算成績:11戦8勝2敗1分

親善交流Jr.
白根ファイターズさんと対戦しました。
1回の表、ファイターズの攻撃。初回の緊張からか四球と2つの死球でノーアウト満塁のピンチ。
緊急登板したシュレンがこの回を1失点で切り抜け、ポツポツと雨が降る中4回まで被安打1の好投で流れを相手に渡さない。
攻撃陣は初回に3安打と犠飛で3得点と効率よく逆転に成功。さらに4回には相手のエラーと四球を足掛かりに、2つのバントヒットで3点を加点した。
最終回にもノーアウト満塁のピンチを招くが、リリーフした鈴木リキが粘り強いピッチングで2失点で抑えて勝利に導いた。



【C】親善交流Jr.

日付:2019年6月2日(日)  場所:都岡小学校
大会名:親善交流Jr.   対戦相手:都岡少年野球クラブ
チーム名
都岡少年 1 0 0 1 2 4
川和S 0 1 2 0 1 4
公式戦通算成績:7戦 4勝 2敗 1分

親善交流Jr. 都岡少年野球クラブさんと対戦しました。
1点ビハインドの最終回、2アウトからルイがフォアボールを選び自慢の足で三塁まで盗塁で進むと、カイトのタイムリーツーベースで土壇場で同点に。さらに三盗を決め、ユウの打席でフォアボールの1投をキャッチャーが後逸して、カイトが本塁を突くも間一髪タッチアウト。
残念ながら逆転はできずに同点のままゲームセット。勝利まであと一歩ではあったがチーム全員の気持ちで粘りを発揮できた試合だった。

【C】区大会 教育リーグ

日付:2019年6月8日(土)  場所:都田西小学校
大会名:教育リーグ   対戦相手:早淵レッドファイヤーズ
チーム名
川和S 4 3 1 6 14
早淵レッドファイヤーズ 0 0 0 3 3
公式戦通算成績:8戦 5勝 2敗 1分

区大会教育リーグ 早淵レッドファイヤーズさんと対戦しました。
2回リキのランニングホームラン、シュンペイの2打席連続長打など14得点の猛攻を見せるが、最終回の守りでは3つのエラーと振り逃げで3失点してしまい、まだまだ課題が残る試合となった。

【C】親善交流Jr.

日付:2019年6月16日(日)  場所:都岡小学校
大会名:親善交流Jr.   対戦相手:足柄ホープ
チーム名
足柄ホープ 0 0 0 1 5 6
川和シャークス 1 0 2 2 2X 7
公式戦通算成績:10戦 7勝 2敗 1分

親善交流Jr. 足柄ホープさんと対戦しました。
4点差リードで迎えた最終回、2アウトまで追い込んだ場面で、サードランナーを三本間に挟むことに成功するが、ランダンプレーの失敗で生還を許す。
まだ3点差あるものの相手の勢いを抑えられず、フォアボールとタイムリーで逆転を許す苦しい展開に。
その裏、1点を追いかける攻撃は1番のリキから。3つのフォアボールを足がかりに鈴木カンタがスクイズを決め、同点。さらに鈴木ユウのバントヒットで逆転サヨナラ勝ち!
粘って勝利をつかんだものの、1つのミスから試合の流れが変わってしまうことをチーム全員で学びました。

【C】わかばJr ブロック戦2回戦

日付:2019年4月29日(月)  場所:東戸塚小学校
大会名:わかばJr   対戦相手:左近山ブルーファイターズ
チーム名
左近山ブルーファイターズ 2 0 0 1 1 4
川和
シャークス
2 0 0 3 0 5
公式戦通算成績:4戦3勝1敗0分

2019年度わかばジュニアの第1試合目。
相手は左近山ブルーファイターズさん。

初回、守備の乱れから出塁を許す。その後長打をあびるが2失点に踏みとどまる。
その裏フォアボールとヒットでランナーをためた後、相手のエラーの間にカイトの好走塁で同点に追いつく!
2,3回は両チーム無得点で試合は進み4回表、相手にヒットで繋がれ1点を失う。
逆転を狙った4回裏、先頭打者コタロウがヒットで出塁!その後連続フォアボールで3得点をあげ逆転!
最終回1点を許すが逃げ切り勝利!!
苦しい試合展開ではあったが大きく崩れることなく初戦を突破!
この勢いに乗り次戦に臨もう!

【C】さわやかJr ブロック戦2回戦

 

日付:2019年4月13日(土)  場所:永田小学校
大会名:さわやかJr   対戦相手:永田オックス
チーム名
川和
シャークス
0 1 4 0 2 7
永田オックス 1 0 2 0 0 3
公式戦通算成績:3戦2勝1敗0分

2019年度さわやかジュニアの第2試合目。
相手は永田オックスさん。

1対1で迎えた3回表、シュンペイ、ルイ、カイト、シュレンの4連打で4得点!
その裏2点を返されるが、最終回の攻撃で2アウトからヒットで出塁したカイトが連続盗塁で3塁に進み、
シュレンのタイムリーヒットで1点追加!
シュレンも連続盗塁を決め、相手のパスボールで生還!7-3で勝利!!

勢いに乗り切れず相手を突き放すチャンスをつかみきれない場面もあったが
優位な試合運びで多くの選手が出場でき、チームとして良い経験ができた。
Cチーム全員でレベルアップを目指していこう!

【C】わかばジュニア秋季大会 準決勝

日付:2018年12月2日(日)  場所:こども甲子園
大会名:わかばジュニア秋季大会 準決勝   対戦相手:平戸イーグルス
チーム名
川和S 0 0 0 0 0 0
平戸E 2 0 6 1 1X 10
バッテリー:投)タイヨウ-コウガ 捕)カズキ  
公式戦通算成績:49戦39勝10敗0分

わかばジュニア秋季大会、準決勝。相手は平戸イーグルスさんです。
試合は完封コールド負けでした。
選手達とコーチ陣は何が足りなかったか、大きな課題を突き付けられる結果となりました。
わかばジュニア秋は3位の結果を収めました。
これにて2018年Cチームの公式戦は幕を閉じました。
有終の美を飾ることは出来ませんでしたが、ここまでの成績を収めたことは胸を張ってよいと思います!(^^)!
来年は上のチームとなります。来春にむけて、個々人の心身のさらなる成長とチームとしての飛躍を目指し、頑張ってゆきましょう!(^^)!

【御礼 CチームHP担当】
素敵な写真を撮影頂いた皆様、拙文をご覧頂いた皆様へ、心より御礼申し上げます。









【C】わかばジュニア秋季大会 準々決勝

日付:2018年11月24日(土)  場所:通信隊グラウンド
大会名:わかばジュニア秋季大会 準々決勝   対戦相手:鷺竹クラブ少年野球部
チーム名
鷺竹C 0 0 0 2 0 0 0 2
川和S 0 2 0 0 0 0 1 3
バッテリー:投)タイヨウーコウガ 捕)カズキ  
公式戦通算成績:48戦39勝9敗0分

わかばジュニア秋季大会、準々決勝。相手は鷺竹クラブ少年野球部さんです。
寒風吹き荒ぶ寒さの中でプレイボール。
初回、両投手ともに良い立ち上がり。
2回裏、コウガ・カイトの連続ヒット!2点先制!
4回表、相手の中軸に連続タイムリーを浴び同点とされるも、後続を断つ!
5回表、3塁まで進塁を許すも無失点に抑えるタイヨウナイスピッチング!
その後相手の好投手のナイスピッチング、こちらも2番手コウガが好投。
互いによく守り、拮抗した状況で最終回裏の攻撃を迎える。
先頭のケイタがヒット!盗塁を決め、最後は本塁を踏みサヨナラで勝利しました!(^^)!
春の成績を超えて、ベスト4進出を決めました!(^^)!