大会結果 6年生

【A】県小連 ブロック戦決勝

日付:2019年7月6日(土) 場所:上品濃グラウンド
大会名:県小連大会(春)
対戦相手:戸塚アイアンボンドス
チーム名
戸塚IB 0 1 0 0 3 0 4
川和S 0 0 1 1 0 0 2
バッテリー
投)リョウガ―ソウタ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  41戦  36勝 5敗  分

春の県少連ブロック決勝の相手は“戸塚アイアンボンドス“
今期、ボンドスとは公式戦3度目の対戦。過去の対戦成績は1勝1敗。この試合で勝ち越し、春の県少連決勝トーナメントに進みたいところではあったが…
2回表、相手4番に1ボール2ストライクからのホームランで先制を許してしまう。それでも3回裏、ヤマトのタイムリーヒットで同点。4回表、ノーアウト満塁のピンチを無失点で切り抜けると、その裏、リュウスケのホームランで逆転。このまま突き放したいところではあったが、後続が凡退。2‐1で迎えた5回表、フォアボールのランナー2人を置いて、1ボールからのホームランで逆転を許してしまった。
試合はこのまま2-4で敗戦。春の県少連はブロック決勝で敗退、春連覇を果たすことはできなかった。
ひとつひとつのプレーには“理由”、“意味”があります。「なぜ…?」「どうして…?」に答えられないのは、野球を知らないからです。
まだまだ野球という文字を覚えたにすぎない選手たちは、もっともっと野球を勉強しなければいけません。

【A】あじさいリーグ 決勝トーナメント1回戦

日付:2019年6月23日(日) 場所:東方公園
大会名:あじさいリーグ
対戦相手:山田バッファローズ
チーム名
山田B 0 0 0 0 0 0 0
川和S 5 4 4 0 5 × 18
バッテリー
投)ヒナタ-コウガ
捕)リュウスケ
公式戦通算成績:  39戦  35勝 4敗  分

「あじさいリーグ」決勝トーナメント 相手は山田バッファローズ。
後攻のシャークスは、初回から打線爆発! ケイスケ・ソウタ・マサヒトの3連続ヒット、リョウガのホームラン、タクマのタイムリーヒットなどで5点を先制。つづく2回は、ヒナタのタイムリー2ベースヒットなどで4点。更に3回には、マサヒトのタイムリー2ベースヒットなどで4点。そして5回、リュウスケの2点タイムリーヒット、イッキ・タクマのタイムリー2ベースヒットで5点。
先発登板のヒナタは、4回を被安打0・四死球0の好投。2番手登板のコウガも2回を失点0に抑えて完封リレー。結果18-0で「あじさいリーグ」決勝トーナメント初戦を勝利した。
この試合では、ベンチ入りメンバー12人全員が出場することができました。出場機会は自分自身でつかむものです。1打席1打席・1球1球を大切に…。その時その時を全力で…。
そうすれば必ず結果はついてくるものです。

【A】区大会 トーナメント2回戦

日付:2019年6月23日(日) 場所:都田公園
大会名:都筑区少年野球大会夏季大会
対戦相手:折本クーパーズ
チーム名
折本C 0 0 0 0
川和S 1 3 6 10
バッテリー
投)リョウガ
捕)リュウスケ
公式戦通算成績:  38戦  34勝 4敗  分

第25回都筑区少年野球夏季大会Aリーグトーナメントの初戦。相手は折本クーパーズ。
準優勝に終わった春季大会の雪辱を晴らすべく、優勝に向けて好発進となったか…?
先発登板のリョウガは初回、内野安打を許すも無失点に抑える上々の立ち上がり。後攻めのシャークスはその裏、マサヒトのホームランで1点を先制。2回裏、コウスケのスクイズが内野安打となり1点を追加。その後、ケイスケの2点タイムリー2ベースヒットで3‐0とした。3回裏には、好投を続けるリョウガのライトオーバー2点ホームラン、ソウタの2点タイムリーヒット、最後はマサヒトの3塁線を破る2点ツーベースヒットで6点を奪い、結果10‐0の3回コールドゲームで夏季大会初戦を勝利した。
高円宮賜杯横浜市大会で優勝・同神奈川県予選で準優勝のしたシャークスを大会関係者・相手チームが注目しています。実績に恥じることのない試合を期待します。それは試合以外のグラウンドでの立ち振る舞いも同じです…。

【A】県小連 ブロック戦

日付:2019年6月30日(日) 場所:野七里第一公園
大会名:県小連大会(春)
対戦相手:オール上郷
チーム名
A上郷 0 0 0 3 0 0 0 3
川和S 0 0 0 4 0 0 × 4
バッテリー
投)リョウガ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  40戦  36勝 4敗  分

春の県少連3回戦の相手はオール上郷。強敵です。
試合は3回を終わって0‐0。試合が動いたのは3回表、フォアボール・ヒットでノーアウト1・2塁のピンチ。その後アウト2つを取り、2アウト1・2塁としたところで初球をホームランされ、3点の先制を許してしまった。早めに追いつきたいシャークスはその裏、リョウガ・リュウスケのヒットなどで満塁のチャンス。ここでコウスケがデットボールで押し出し、コウガ・ケイスケのタイムリーヒットで逆転、4‐3とした。
試合はこのまま1点差を守ったシャークスが勝ち、県小連(春)ブロック決勝に進むこととなった。
ピッチャーは“味方が点を取るまでは、相手に点をやらない”、“失点は最少失点で…”という気持ちが大切であり、こちらに傾いた流れを相手に渡さないためにも“無駄なフォアボール”を与えてはいけません。

【A】高円宮賜杯神奈川県大会 決勝戦

日付:2019年6月9日(日) 場所:大師少年野球場
大会名:高円宮賜杯神奈川県大会
対戦相手:三田フレンズ
チーム名
三田F 1 5 0 3 4 0 13
川和S 2 2 1 0 2 2 9
バッテリー
投)ソウタ―ヒナタ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  36戦  32勝 4敗  分

高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会 神奈川県予選 決勝。相手は厚木市代表の“三田フレンズ“です。
後攻めのシャークスは1回裏、ノーヒットで2点を奪い2‐1と逆転。4点リードを許して迎えた2回裏、ヒナタのホームラン・ソウタのタイムリーヒットで4‐6。続く3回にもヒナタの2打席連続ホームランで5‐6とした。しかし、4回表に3点、5回表には4点を失い5‐13とされてしまう。
8点差をつけられ、敗色濃厚と思われたが、チームは諦めることなく声を出し続け、相手に傾いた流れを引き戻し、5回裏にはリュウスケの2点ホームランで6点差。最終回となった6回裏にもマサヒトのタイムリー2ベースヒットなどで2点を返し、4点差まで追い上げるねばりをみせた。
打ち合いとなったこの試合、結果は9‐13で敗戦。惜しくも“準優勝”で神奈川県予選を終えた。
Aチームは、「横浜市大会4強」「全国大会出場」を目標としてきました。そして「横浜市大会優勝」という実績をかかげて、神奈川県予選を堂々と勝ち上がり、ついにこの舞台に立つことができました。「全国大会出場」は逃したものの、神奈川県予選での“準優勝”は素晴らしい結果です。胸を張って前に進もうではないか!? まだまだ勝たなければならない試合がいくつもあります。ここで立ち止まってはいられませんよ!?

【A】高円宮賜杯神奈川県大会 準決勝戦

日付:2019年6月9日(日) 場所:大師少年野球場
大会名:高円宮賜杯神奈川県大会
対戦相手:イエロースネークス
チーム名
川和S 2 2 10 14
イエローS 0 1 0 1
バッテリー
投)リョウガ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  35戦  32勝 3敗  分

高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会 神奈川県予選 準決勝。相手は全国大会出場経験のある座間市代表の“イエロースネークス”です。
今大会を通じて打線好調なシャークスは初回に2点を先制。2回にもソウタのタイムリー2ベースヒットなどで2点を追加し、序盤で4‐0とした。そして3回…。
先頭のリョウガが2ベースヒットで出塁すると、ヒナタのタイムリーヒット、絶好調ヤマトの4試合連続となる満塁ホームラン、マサヒトの特大ホームランなどで一挙10点のビッグイニング。結果14‐1で勝利、決勝進出を決めた。
この試合、ベンチには準々決勝で戦った桜本少年野球部から託された千羽鶴がありました。次はいよいよ全国大会出場をかけた決勝戦です。横浜市大会・神奈川県予選で戦ったチームの思いとともに堂々と戦え! 絶対に勝つぞ! 行くぞ全国大会!

【A】高円宮賜杯神奈川県大会 3回戦

日付:2019年6月8日(土) 場所:大師少年野球場
大会名:高円宮賜杯神奈川県大会
対戦相手:桜本少年野球部
チーム名
桜本 0 1 0 0 0 0 0 1
川和S 0 1 0 1 4 0 × 6
バッテリー
投)リョウガ―ソウタ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  34戦  31勝 3敗  分

高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会 神奈川県予選 準々決勝。相手は川崎市代表の“桜本少年野球部”。厳しい試合が予想されたこの試合の行方は…。
後攻めのシャークスは2回裏、リュウスケのタイムリーヒットで同点。4回裏、ヤマトがこの大会3試合連続となるホームランで1点を勝ち越した。
先発登板のリョウガは、5回まで6安打を許すも、失点1でねばりのピッチングを見せてくれた。
そして迎えた5回裏、好調ヤマトの2点タイムリー2ベースヒット、マサヒトの2ランホームランで4点を追加。
その後、6回からリリーフしたソウタが1回1/3を無失点に抑え、結果6‐1で勝利。準決勝進出を決めた。

【A】高円宮賜杯神奈川県大会 2回戦

日付:2019年6月2日(日) 場所:大師少年野球場
大会名:高円宮賜杯神奈川県大会
対戦相手:ひのきビートルズ
チーム名
ひのきB 0 0 0 0 0 0
川和S 1 1 7 0 × 9
バッテリー
投)リョウガ-ソウタ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  33戦  30勝 3敗  分

高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会 神奈川県予選。2回戦の相手は相模原市代表の“ひのきビートルズ”。実績のある好チームです。
後攻めのシャークスは初回裏、ヤマトが今大会2本目となるホームランを放ち1点を先制。続く2回裏、イッキのスクイズが内野安打となり1点を追加。そして2‐0で迎えた3回裏、マサヒト・コウガのタイムリーヒットなどで一挙7点を追加し、3回を終わって9‐0とした。
試合はそのまま、リョウガ→ソウタのリレーで相手打線を無失点に抑え、初戦に続くコールドゲームで2回戦を突破。準々決勝進出を決めた。
次戦の相手は川崎市代表の“桜本少年野球部”。この大会のヤマ場となる試合ではないでしょうか?  2試合連続の失点0でのコールドゲーム勝ちで“波にのった感”はありますが、今一度、シャークスの目指す野球を思い出し、好ゲームを演じてくれることを期待します。

【A】県小連 ブロック戦

日付:2019年6月2日(日) 場所:荏田西グラウンド
大会名:県小連
対戦相手:鎌倉グリーンファイターズ
チーム名
鎌倉GF 1 4 0 0 0 5
川和S 0 0 0 3 3 6
バッテリー
投)ヒナタ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  32戦  29勝 3敗  分

春の県少連初戦。相手は鎌倉グリーンファイターズです。
春の県少連は、昨年の優勝に続く連覇がかかる大会です。連覇に向けて好発進と行きたいところではありましたが…。
試合は4回表を終わって0‐5。しかも後攻のシャークスは3回まで1安打で敗色濃厚。
それでも4回裏、ヒナタのタイムリー3ベースヒット、エイトのタイムリーヒットで3‐5とした。そして迎えた5回裏、コウガの3ベースヒット、ヤマト・ヒナタのヒットなどで2点を返し同点。なおも一打サヨナラのチャンスに、イッキのレフト前ヒットで2塁ランナーのヒナタがホームイン。最終回2アウトからの逆転サヨナラ勝ちで、春の県少連初戦を辛くも突破した。
高円宮賜杯神奈川県予選と並行して行われた県少連初戦。モチベーションを保つことが難しいのは百も承知です。それでもシャークスは勝たなければなりません。この試合は、選手たちにとって成長するための“いい機会”になったのではないでしょうか(?)

【A】高円宮賜杯神奈川県大会 1回戦

日付:2019年6月1日(日) 場所:小田球場
大会名:高円宮賜杯神奈川県大会
対戦相手:北大和ドリームス
チーム名
川和S 1 5 1 6 13
北大和D 0 0 0 0 0
バッテリー
投)リョウガ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  31戦  28勝 3敗  分

高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会 神奈川県予選が開幕。初戦の相手は、大和市代表“北大和ドリームス”です。
先攻のシャークスは初回、ヒナタのタイムリーヒットで1点を先制。2回表、リョウガのタイムリーヒット、ヤマトのセンタ-オーバーのグランドスラムで5点を追加。3回表にはマサヒトの左中間へのランニングホームランで1点、4回表にも6点を追加して計13点。
先発登板のリョウガは、4回を被安打2、失点0の好投。
結果13‐0の4回コールドゲームで初戦突破。
チームのムードは横浜市大会に引き続いて“最高潮”この勢いで勝ち進め! シャークス!!

【A】区大会 トーナメント決勝戦

日付:2019年5月26日(日) 場所:牛ケ谷公園グラウンド
大会名:都筑区少年野球大会
対戦相手:荏田南イーグルス
チーム名
川和S 2 1 0 0 0 3
荏田南E 0 0 6 1 × 7
バッテリー
投)タクマ-リョウガ-ヒナタ
捕)ヒナタ-ヤマト
公式戦通算成績:  30戦  27勝 3敗  分

第49回都筑区少年野球春季大会Aリーグ決勝トーナメント決勝。相手は荏田南イーグルス。
先攻のシャークスは初回、ケイスケの2ベースヒット・ソウタの内野安打で幸先よく2点を先制。2回にもエイトの2ベースヒットから1点を追加。序盤で3‐0とし、このまま押し切れるかと思ったが…。
3回裏、先頭をフォアボールで出すと、3本の2ベースヒットを集中されて6点を奪われ逆転を許してしまう。
その後、1点を追加され4点差で迎えた5回表、ソウタ・ヒナタ・エイトのヒットなどで粘りを見せるも無得点。結果3‐7で敗戦。春季大会は準優勝という結果で終わった。
高円宮賜杯横浜市大会で優勝、神奈川県大会進出を決めているシャークスの試合を、周囲の人たちは注目していたことでしょう。選手たちはこの試合をどのような気持ちで迎えたのだろうか? これからの選手たちの奮起を期待します。