試合結果 速報

【B】KBBA前期新人戦大会トーナメント準々決勝

日付:2022年5月22日(日)  場所:佐江戸公園グラウンド
大会名:KBBA前期新人戦大会トーナメント準々決勝   対戦相手:佐江戸少年野球部
チーム名
佐江戸少年野球部 0 0 0 0 0
川和S 1 0 6 3 10
 バッテリー:投)ケント 捕)シュンタ 公式戦通算成績:6戦6勝0敗0分

二塁打:シュン2、シュンタ、ジュンタ 三塁打:なし 本塁打:なし

KBBA前期新人戦大会トーナメント準々決勝、佐江戸少年野球部さんと対戦しました。
シャークスは10対0でコールド勝ち。準決勝に進出しました。

先発はケント。昨日の2回戦でも投げていますが、安定した立ち上がりで完封勝利。

打線は、好調の上位打線が今日も火を噴きます。
特に1番シュンの働きが素晴らしく、チームに勢いを与えています。

とはいうものの、序盤は均衡した試合で、どちらに転んでもおかしくない展開でした。
最初から集中して、パンチのある攻撃ができるようにしたいもの。

ベスト4まで勝ち進み、あと一つ勝てば決勝進出です。
初戦の大会開幕試合で行った素晴らしいスタジアム「サーティーフォー保土ヶ谷球場」で、
決勝戦ができるように、まだまだ力をつけていく必要があります。

対戦いただいた、佐江戸少年野球部さんありがとうございました。

【C】わかばジュニアトーナメント2回戦

日付:2022年5月22日(日)  場所:西田グラウンド
大会名:わかばジュニアトーナメント2回戦   対戦相手:永田台少年野球部
チーム名
川和S 7 6 3 4 20
永田台少年野球部 0 0 0 0 0
 バッテリー:投)カナ-コウタロウ 捕)ジュンタ-ナカジ 公式戦通算成績:5戦5勝0敗0分

二塁打:キラ2 三塁打:ナカジ、フクヒロ 本塁打:なし

わかばジュニアトーナメント2回戦、永田台少年野球部さんと対戦しました。
負けたら終わりの一発トーナメントの初戦。2回戦から登場です。

シャークスは20対0でコールド勝ち。幸先のよいスタートとなりました。

先発はカナ。マウンドが合わないのか制球に苦しむも、3イニングを無失点。
ノーヒットでコウタロウにスイッチ。コウタロウは快速球で3者三振。
2人でノーヒットノーラン達成です。

打線は、1番ユラが4打席全出塁。すべてホームを踏み、役割を果たします。
クリーンナップのキラ、ナカジにも長打が飛び出して、毎回得点。

初戦としては上々のナイスゲームでした。
ただ、走塁面ではミスも多く、普段の練習の中で課題を解消していきましょう。

対戦いただいた、永田台少年野球部さん、ありがとうございました。

【B】KBBA前期新人戦大会トーナメント2回戦

日付:2022年5月21日(土)  場所:都田公園グラウンド
大会名:KBBA前期新人戦大会トーナメント2回戦   対戦相手:榎デビルズ
チーム名
榎デビルス 0 0 1 1
川和S 11 9 × 20
 バッテリー:投)ケント 捕)シュンタ 公式戦通算成績:5戦5勝0敗0分

二塁打:シュン 三塁打:なし 本塁打:なし

KBBA前期新人戦大会トーナメント2回戦、榎デビルズさんと対戦しました。

シャークスは20対1で快勝。準々決勝に進出しました。

先発はケント。3つの内野フライでゼロに抑えます。
その裏、シャークス打線が大爆発。
シュンのレフトオーバー2ベースが相手チームのエラーを誘い、先制のホームを踏みます。
その後も打者一巡の猛攻で11点。一気に試合を決めました。

2回もシャークスの攻撃は止まらず、さらに9点。
控えの選手も全員が出場し、その選手たちも活躍して、全員野球で勝利。

途中大雨で試合が中断するなど、集中力が保ちにくい試合でしたが快勝です。

対戦いただいた、榎デビルズさんありがとうございました。

【T】春季区大会決勝トーナメント決勝

日付:2022年5月15日(日)  場所:おちあい公園
大会名:春季区大会決勝トーナメント決勝   対戦相手:ジュニア葵
チーム名
川和S 2 2 0 0 4
ジュニア葵 2 4 1 × 7
 公式戦通算成績:11戦10勝1敗0分

二塁打:コウタロウ 三塁打:なし 本塁打:なし

春季区大会決勝トーナメントの決勝戦。
ジュニア葵さんと対戦しました。

シャークスは残念ながら4対7で敗戦。悔しい準優勝となりました。

準決勝の守備でフライを取る際に選手間で衝突があり、
キャプテンで打線&守備の要でもあるソウマが、決勝に出れないという事態が発生しました。
試合に出れないソウマの分まで、選手全員で頑張りました。

初回にシャークスは気迫で2点を先制します。
しかし、その裏すぐに2点を取り返されます。ソウマの代わりにショートに入ったタムヒロが3つのアウト。
皆でカバーする野球を体現します。

2回にも打ち合い。シャークスは下位打線からの攻撃でしたが、コウタロウの2塁打もあり2点を追加。
しかし2回裏にエラーも重なり、打者一巡で4点を失い逆転されます。

その後も最後まで諦めずに食らいつきますが、4対7で非常に悔しい敗戦となりました。

タラればになりますが、前の試合で選手同士の声掛けがしっかりできていれば・・・。
これは、どの学年でも一緒です。練習でも口を酸っぱくして言っているのは、フライの時の選手間の声掛け。
単に勝ち負けだけではなく、怪我を防ぐことが第一目的。
日頃の練習からできないことは、本番でもできません。

秋の区大会では、フルメンバーで優勝して、皆で歓喜の帽子投げをしましょう。

対戦いただいた、ジュニア葵さん、ありがとうございました。

【T】春季区大会決勝トーナメント準決勝

日付:2022年5月15日(日)  場所:おちあい公園
大会名:春季区大会決勝トーナメント準決勝   対戦相手:山田バッファローズ
チーム名
川和S 3 2 0 1 0 6
山田バッファローズ 0 2 0 0 0 2
 公式戦通算成績:10戦10勝0敗0分

二塁打:ソウマ、コウタロウ2、フクヒロ 三塁打:なし 本塁打:なし

春季区大会決勝トーナメント準決勝。
山田バッファローズさんと対戦しました。

シャークスは6対2で勝利。決勝進出です。

初回、ソウマの2ベースと皮切りに、4番フクヒロの2ベースもあり3点を先制します。

1回裏に、シャークスに素晴らしいプレーが生まれます。
ヒット2本でノーアウト1・2塁とピンチを迎えますが、ファーストゴロからコウタロウがホームに猛ダッシュ。
サードのタムヒロ、ショートソウマとの連携もあり、ランナーを次々にアウト。
何とトリプルプレー。大ピンチをゼロに抑えて、相手に流れを渡しません。

その後、再び上位打線で2点を追加し、試合を優位に進めます。

しかし、4回裏に想定外の事象が発生。
レフトのリョウスケとショートのソウマがフライを取る際に交錯。
キャプテンのソウマが負傷交代となる大ピンチ。

何とかチーム全体でカバーして6対2で勝利となりました。

決勝は、ソウマ不在で試合に臨まざるをえなくなりました。
人数も少ない中で非常に痛いですが、決勝は全員野球で頑張りましょう。

対戦いただいた、山田バッファローズさん、ありがとうございました。

【T】春季区大会決勝トーナメント2回戦

日付:2022年5月15日(日)  場所:おちあい公園
大会名:春季区大会決勝トーナメント2回戦   対戦相手:横浜フューチャーズ
チーム名
川和S 3 1 0 2 2 8
横浜フューチャーズ 0 0 1 0 0 1
 公式戦通算成績:9戦9勝0敗0分

二塁打:ソウマ3、コウタロウ2 三塁打:なし 本塁打:なし

春季区大会決勝トーナメント2回戦。
横浜フューチャーズさんと対戦しました。

シャークスは8対1で勝利。
1番ソウマ、2番コウタロウが好調で2ベース連発。
守備も固く、幸先のよいスタート。

Tチーム区大会の3季連続優勝に向けて好発進です。
体験の助っ人3人も頑張りました。

対戦いただいた、横浜フューチャーズさん、ありがとうございました。

【B】春季区大会決勝

日付:2022年5月8日(日)  場所:牛ヶ谷公園グラウンド
大会名:春季区大会トーナメント決勝   対戦相手:山田バッファローズ
チーム名
山田バッファローズ 0 0 0 0 0 1 1
川和S 1 0 0 1 0 × 2
 バッテリー:投)ケント-ショウゴ-シュン 捕)シュンタ 公式戦通算成績:4戦4勝0敗0分

二塁打:ユウト、シュン2 三塁打:ジュンタ 本塁打:なし

Bチームの春季区大会決勝、山田バッファローズさんと対戦しました。
昨年のCチーム決勝で敗れていますので、年を越えての雪辱戦でした。

シャークスは2対1の大接戦で勝利。
Bチームとしての最初の勲章となりました。

先発はケント。前日に続いての連投でしたが、コントロールもよく3者連続三振スタート。
打線は初回、今日4番に抜擢されたユウトがレフトオーバーの2ベースで先制。
その後は両投手の好投で膠着状態に。

シャークスは4回裏、フォアボールで出たケイトが盗塁でチャンスを拡大。
ここで、ピッチャーケントが自らを助けるセンター前ヒットで追加点。
2対0で最終回を迎えます。

最終回、ピッチャーはショウゴに交代。
エラー、フォアボールの後に痛恨のデットボールでノーアウト満塁の大ピンチ。

さらにシュンに交代して必死の守り。
ここで、センターへの大きなフライをソウマが好捕。犠牲フライで1点を失いワンアウト1・2塁。
シュンは気合の投球で空振り三振に打ち取り、ツーアウト1・2塁。
最後は、ショートに回ったショウゴが落ち着いてアウトに取り試合終了。
白熱した好ゲームは、シャークスの勝利となりました。

その直後に実施されたAチームの決勝戦にも僅差で勝利し、
同日A・Bチームのアベック優勝です!!

ここ一番で勝てずに苦しい時期もありましたが、強いシャークスの復活を遂げる優勝。
GW中の5/4には、弟分のTチームもATM大会で6年ぶりの優勝を果たしており、
世代を超えて、3大会連続での優勝となりました。

GW最終日に、選手、親、チームスタッフ、OB一丸となった素晴らしい1日となりました。
対戦いただいた、山田バッファローズさんありがとうございました。

【B】KBBA前期新人戦大会トーナメント1回戦

日付:2022年5月7日(土)  場所:サーティーフォー保土ヶ谷球場
大会名:KBBA前期新人戦大会トーナメント1回戦   対戦相手:並木ジャイアンツ
チーム名
並木ジャイアンツ 1 0 0 0 2 2 5
川和S 1 3 0 3 1 × 8
 バッテリー:投)ケント-ユウヒ 捕)シュンタ 公式戦通算成績:3戦3勝0敗0分

二塁打:なし 三塁打:ユウヒ 本塁打:なし

KBBA前期新人戦大会トーナメントの1回戦、
並木ジャイアンツさんと対戦しました。

今日の試合会場は、サーティーフォー保土ヶ谷球場。
少年野球で使われることは非常に少ない、素晴らしい球場です。

シャークスは8対5で勝利。
全学年がベンチやスタンドで応援し、チーム全員での勝利です。

先発はケント。小気味よい安定したピッチングで、
初回のエラーによる1失点のみに抑えます。

打線は相手エラーもあり2回までに4得点。
3回には主砲ユウヒが三塁打でチャンスを作るものの追加点ならず。

5回からはユウヒにスイッチ。
ややコントロールに苦しみ失点をしますが、打線の援護もあり、
最後は三振に仕留めて勝利。

今日はやや走塁ミスが多く、シャークスらしくないところがありました。
明日は、区大会のAチーム、Bチームの決勝があり、
A・Bチームの同日アベック優勝がかかっています。
今日のミスを改善して、大一番となる明日に臨みましょう。

対戦いただいた、並木ジャイアンツさんありがとうございました。

【C】区大会教育リーグブロック戦

日付:2022年5月5日(祝)  場所:牛久保西公園グラウンド
大会名:区大会教育リーグブロック戦   対戦相手:横浜球友会
チーム名
横浜球友会 0 1 2 0 3
川和S 7 3 4 × 14
 バッテリー:投)カナ-ユラ 捕)ジュンタ-ナカジ 公式戦通算成績:4戦4勝0敗0分

二塁打:ジュンタ、カナ、キラ、フクヒロ 三塁打:なし 本塁打:なし

区大会教育リーグブロック戦の第2戦、
横浜球友会さんと対戦しました。

シャークスは14対3で勝利。本大会2連勝。

前日の「ATM大会(Tボール)優勝」
の喜びの束の間、今日は一転して投げ野球。

3年生はTボールと投げ野球の両方をやっているので、
本当に大変です。そして、今日は非常に暑かった。
熱中症に気を付けながらの戦いでした。

今日は5人の4年生が全員頑張りました。
カナとユラはピッチャーで奮闘。
ジュンタ、カナ、キラは2ベースを放ち、
ナカジも内外野、捕手の3ポジションを器用にこなしました。

さぁ、週末にはAチーム、Bチームの区大会決勝です。
最高の週末を迎えるために、全部員が燃えています!!

対戦いただいた、横浜球友会さん、ありがとうございました。

【T】春季ATM大会決勝

日付:2022年5月4日(祝)  場所:長坂谷公園グラウンド
大会名:春季ATM大会決勝   対戦相手:横浜青葉リトル
チーム名
川和S 5 6 0 2 4 17
横浜青葉リトル 4 0 3 0 0 7
 公式戦通算成績:8戦8勝0敗0分

二塁打:ソウマ、コウタロウ3、ルイト 三塁打:タムヒロ 本塁打:コウタロウ

Tチームの春季ATM大会の2日目。
決勝の相手は、横浜青葉リトルさん。

シャークスは17対7で勝利。
6年ぶりとなる悲願の優勝を果たしました。

32チーム参加の一発トーナメント。
7人の正式部員と3名の体験者で臨んだ本大会。
当初は人数が足りず、不参加の危機もありました。
ようやく人数の目途がついたのは直前。

勝ち切るための可能性はただ一つ「打ち勝つ」。
本来は守備と走塁のチームですが、体験者3名のため守備では勝てません。

そのため、現有部員が打ちまくる。それしかありませんでした。
先手必勝、先行して相手のやる気を削ぐ。取られても取り返す。

まさにその通りの野球を体現し、全5試合打ちまくりました。
過去3大会、3位、2位、2位と来て、ついに悲願の優勝。
選手だけではなく、それを支えるチームスタッフ、親たちにも捧げる感謝の金メダルです。

最優秀選手には今大会2本のホームラン、8本の2ベースを放ったコウタロウが輝きました。
特に決勝での45m超えの大ホームラン、ファーストでの好守備が圧巻でした。

対戦いただいた、横浜青葉リトルさん、ありがとうございました。
また、2日間円滑な大会運営をしていただいた役員及び審判の皆さん、ありがとうございました。

【T】春季ATM大会準決勝

日付:2022年5月4日(祝)  場所:長坂谷公園グラウンド
大会名:春季ATM大会準決勝   対戦相手:市ヶ尾禅当寺
チーム名
川和S 6 3 1 5 3 18
市ヶ尾禅当寺 0 6 0 0 3 9
 公式戦通算成績:7戦7勝0敗0分

二塁打:ソウマ2、コウタロウ、タムヒロ、フクヒロ、リョウスケ 三塁打:なし 本塁打:なし

Tチームの春季ATM大会の2日目。
準決勝の相手は、市ヶ尾禅当寺さん。

ここからは、相談役の市原さん、Aチームヘッドコーチの谷口さん、
Cチーム監督の倉茂さんも応援に駆けつけて、悲願の優勝に向けてチーム総力戦。

シャークスは18対9で勝利。
点数の通り、まさに乱打戦。

この試合も初回に3連続2ベースで6点を取り、優位に試合を進めます。
2回にも3点を追加して9対0。
しかし、そこから相手の猛攻を受けて、連打連打で6失点。

ただ、ある程度の失点は織り込み済み。
ここで焦らず、下位打線で1点をもぎ取ったのが大きく、
4回には上位打線の連打で5点を追加。
最終回にも3点を追加して打撃戦を制しました。

これで3大会連続で決勝に進出しました。
決勝は、予想はしていましたが、強豪の横浜青葉リトルさん。

対戦いただいた、市ヶ尾禅当寺さん、ありがとうございました。

【T】春季ATM大会準々決勝

日付:2022年5月4日(祝)  場所:長坂谷公園グラウンド
大会名:春季ATM大会準々決勝   対戦相手:栗木ジャイアンツ
チーム名
川和S 4 2 0 3 9
栗木ジャイアンツ 0 0 3 0 3
 公式戦通算成績:6戦6勝0敗0分

二塁打:ソウマ、コウタロウ2、タムヒロ 三塁打:なし 本塁打:コウタロウ、タムヒロ

Tチームの春季ATM大会の2日目。
準々決勝の相手は、栗木ジャイアンツさん。

シャークスは9対3で勝利。
ここから対戦する相手は、かなり打力のあるチームなので、
ある程度の失点は仕方ないとして、打ち勝つ野球を目指しました。

初回、3連続2ベースもあり幸先よく4点先制。
2回には、コウタロウ、タムヒロの2者連続ホームラン。
シャークス自慢の上位打線が火を噴きます。
3回に3点失うも、すぐに3点を取り返して、
打線の力で準決勝に進出しました。

対戦いただいた、栗木ジャイアンツさん、ありがとうございました。