試合結果 速報

【B】夏季区大会 2回戦

日付:2019年7月15日(月・祝)  場所:すみれが丘公園グラウンド
大会名:東京ガス杯 都筑区夏季大会Bリーグ 2回戦   対戦相手:佐江戸少年野球部
チーム名
佐江戸 0 0 1 0 0 1
川和S 6 0 0 0 2X 8
バッテリー:投)タイヨウ 捕)カズキ  公式戦通算成績:13戦10勝3敗0分

夏季区大会Bリーグ2回戦。佐江戸少年野球部さんと対戦しました。
先発タイヨウが5回1失点のナイスピッチング!
打っては初回に打者一巡の攻撃で流れを作り得点を重ね、コウガ・リキが猛打賞!勝利しました。
繰り返しになりますが、守備の一歩目が遅い。
⓵ピッチャーが投げるとき、まず体を動かす。
⓶そしてボールがバットに当たる瞬間、ボールを見逃さない。
⓷打球がどこに飛んでも(たとえ自分に来なくても)、必ず一歩踏み出す。



【C】西部リーグ

日付:2019年7月6日(土)  場所:上川井堂谷公園
大会名:西部リーグ   対戦相手:若葉台リトルバーズ
チーム名
若葉台LB 0 2 2 6 4 14
川和S 0 0 1 0 0 1
公式戦通算成績:15戦11勝3敗1分

西部リーグ 若葉台リトルバーズさんとの対戦。
先発のルイは初回の攻撃を3者凡退に仕留め、上々の立ち上がり。
しかしシャークスも制球が良い相手ピッチャーを捉えられず、リズムに乗れない。
2回に先制を許すと3回にはエラーが重なりさらに2失点してしまう。
3回裏は振り逃げと相手エラーで1点を返すが、チャンスの場面であと1本が出ず、
4回に打者11人の猛攻を浴びて6失点で万事休す。
相手の打撃力は素晴らしかったが、連続してエラーがでるなど、苦しい場面でも
いつものプレーができるようにならないと強い相手とは渡り合えないことを肝に銘じよう。

【C】区大会(教育リーグ)

日付:2019年6月29日(日)  場所:都田西小学校
大会名:区大会(教育リーグ)   対戦相手:茅ヶ崎エンデバーズ
チーム名
茅ヶ崎E 0 3 0 0 3
川和S 6 1 6 X 13
公式戦通算成績:13戦10勝2敗1分

区大会の教育リーグ 茅ヶ崎エンデバーズさんと対戦しました。
1回裏、9人中8人が出塁する猛攻撃を見せ、先頭から6人連続でホームへ帰り着実に加点した。
3回も先頭のヨシキが四球で出塁すると、カイトがこの日5打点目となる3塁打を放つなど初回と同様に6人連続で得点を記録。
投手陣も先発カイトが2回に味方のエラーと四球が重なり被安打ゼロながら3失点してしまうが、3回からリリーフしたユウも無安打記録を続けて、打者合計18人を2人のノーヒットリレーで締めた。

【A】県小連 ブロック戦決勝

日付:2019年7月6日(土) 場所:上品濃グラウンド
大会名:県小連大会(春)
対戦相手:戸塚アイアンボンドス
チーム名
戸塚IB 0 1 0 0 3 0 4
川和S 0 0 1 1 0 0 2
バッテリー
投)リョウガ―ソウタ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  41戦  36勝 5敗  分

春の県少連ブロック決勝の相手は“戸塚アイアンボンドス“
今期、ボンドスとは公式戦3度目の対戦。過去の対戦成績は1勝1敗。この試合で勝ち越し、春の県少連決勝トーナメントに進みたいところではあったが…
2回表、相手4番に1ボール2ストライクからのホームランで先制を許してしまう。それでも3回裏、ヤマトのタイムリーヒットで同点。4回表、ノーアウト満塁のピンチを無失点で切り抜けると、その裏、リュウスケのホームランで逆転。このまま突き放したいところではあったが、後続が凡退。2‐1で迎えた5回表、フォアボールのランナー2人を置いて、1ボールからのホームランで逆転を許してしまった。
試合はこのまま2-4で敗戦。春の県少連はブロック決勝で敗退、春連覇を果たすことはできなかった。
ひとつひとつのプレーには“理由”、“意味”があります。「なぜ…?」「どうして…?」に答えられないのは、野球を知らないからです。
まだまだ野球という文字を覚えたにすぎない選手たちは、もっともっと野球を勉強しなければいけません。

【A】あじさいリーグ 決勝トーナメント1回戦

日付:2019年6月23日(日) 場所:東方公園
大会名:あじさいリーグ
対戦相手:山田バッファローズ
チーム名
山田B 0 0 0 0 0 0 0
川和S 5 4 4 0 5 × 18
バッテリー
投)ヒナタ-コウガ
捕)リュウスケ
公式戦通算成績:  39戦  35勝 4敗  分

「あじさいリーグ」決勝トーナメント 相手は山田バッファローズ。
後攻のシャークスは、初回から打線爆発! ケイスケ・ソウタ・マサヒトの3連続ヒット、リョウガのホームラン、タクマのタイムリーヒットなどで5点を先制。つづく2回は、ヒナタのタイムリー2ベースヒットなどで4点。更に3回には、マサヒトのタイムリー2ベースヒットなどで4点。そして5回、リュウスケの2点タイムリーヒット、イッキ・タクマのタイムリー2ベースヒットで5点。
先発登板のヒナタは、4回を被安打0・四死球0の好投。2番手登板のコウガも2回を失点0に抑えて完封リレー。結果18-0で「あじさいリーグ」決勝トーナメント初戦を勝利した。
この試合では、ベンチ入りメンバー12人全員が出場することができました。出場機会は自分自身でつかむものです。1打席1打席・1球1球を大切に…。その時その時を全力で…。
そうすれば必ず結果はついてくるものです。

【A】区大会 トーナメント2回戦

日付:2019年6月23日(日) 場所:都田公園
大会名:都筑区少年野球大会夏季大会
対戦相手:折本クーパーズ
チーム名
折本C 0 0 0 0
川和S 1 3 6 10
バッテリー
投)リョウガ
捕)リュウスケ
公式戦通算成績:  38戦  34勝 4敗  分

第25回都筑区少年野球夏季大会Aリーグトーナメントの初戦。相手は折本クーパーズ。
準優勝に終わった春季大会の雪辱を晴らすべく、優勝に向けて好発進となったか…?
先発登板のリョウガは初回、内野安打を許すも無失点に抑える上々の立ち上がり。後攻めのシャークスはその裏、マサヒトのホームランで1点を先制。2回裏、コウスケのスクイズが内野安打となり1点を追加。その後、ケイスケの2点タイムリー2ベースヒットで3‐0とした。3回裏には、好投を続けるリョウガのライトオーバー2点ホームラン、ソウタの2点タイムリーヒット、最後はマサヒトの3塁線を破る2点ツーベースヒットで6点を奪い、結果10‐0の3回コールドゲームで夏季大会初戦を勝利した。
高円宮賜杯横浜市大会で優勝・同神奈川県予選で準優勝のしたシャークスを大会関係者・相手チームが注目しています。実績に恥じることのない試合を期待します。それは試合以外のグラウンドでの立ち振る舞いも同じです…。

【A】県小連 ブロック戦

日付:2019年6月30日(日) 場所:野七里第一公園
大会名:県小連大会(春)
対戦相手:オール上郷
チーム名
A上郷 0 0 0 3 0 0 0 3
川和S 0 0 0 4 0 0 × 4
バッテリー
投)リョウガ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  40戦  36勝 4敗  分

春の県少連3回戦の相手はオール上郷。強敵です。
試合は3回を終わって0‐0。試合が動いたのは3回表、フォアボール・ヒットでノーアウト1・2塁のピンチ。その後アウト2つを取り、2アウト1・2塁としたところで初球をホームランされ、3点の先制を許してしまった。早めに追いつきたいシャークスはその裏、リョウガ・リュウスケのヒットなどで満塁のチャンス。ここでコウスケがデットボールで押し出し、コウガ・ケイスケのタイムリーヒットで逆転、4‐3とした。
試合はこのまま1点差を守ったシャークスが勝ち、県小連(春)ブロック決勝に進むこととなった。
ピッチャーは“味方が点を取るまでは、相手に点をやらない”、“失点は最少失点で…”という気持ちが大切であり、こちらに傾いた流れを相手に渡さないためにも“無駄なフォアボール”を与えてはいけません。

【B】関東学童横浜市大会 新人戦

日付:2019年6月16日(日)  場所:日野中央公園野球場
大会名:関東学童横浜市大会 新人戦 2回戦   対戦相手:富岡オールスターズ
チーム名
富岡AS 1 1 8 0 10
川和S 3 0 0 1 4
バッテリー:投)タイヨウーコウガーカズキ 捕)カズキーリキ  公式戦通算成績:12戦9勝3敗0分

関東学童横浜市大会新人戦、2回戦。富岡オールスターズさんと対戦しました。
初回、先発タイヨウが1失点に抑えた!
その裏、タイヨウ・コウガ・カンのタイムリーで逆転!
しかし、1点差で迎えた3回、相手のクリーンナップに連打を許したのち、継投も流れは止められず、守備が乱れ、大量失点して敗れました。
気持ちが勝敗を分けている。12人の気持ちがつながらないと、勝てません。
試合に勝ちたいのなら、次のプレー次のプレーとつなげよう。気迫をもって。
自分たちで終わらせない。攻めたミスなら仕方がない、声をかけよう引っ張り合おう。
何が足りないか考えよう。グラウンド外でも自分で出来ることはある。




【B】KBBA 春季新人戦

日付:2019年6月1日(日)  場所:都田公園グラウンド
大会名:KBBA春季新人戦 1回戦   対戦相手:DMファイターズ
チーム名
DMF 0 0 0 4 5
川和S 1 0 0 0 2 3
バッテリー:投)タイヨウーケイタ 捕)リキ  公式戦通算成績:11戦9勝2敗0分

KBBA春季新人戦1回戦。DMファイターズさんと対戦しました。
初回、タイヨウの3塁打で幸先よく先制!するも1点どまり。
先発ケイタは3回まで無失点に抑えるナイスピッチング!
しかし4回、相手の応援も揺動的にし流れを変えようとする、主軸に連続タイムリーを浴び、守備も乱れ、4点を失って敗れました。
なぜ4回までに1点しか取れなかったのか。残念で終わらせない。
いかに練習通りの自分を出せるか、そのためにも声を出そう。
何が何でも勝つという気持ちを出そう。ガムシャラな姿を見せよう。
勝ちたいのなら平日練習あるのみ。



【B】教育親善 本部大会準々決勝

日付:2019年6月1日(日)  場所:神明台グラウンド
大会名:教育親善野球大会 本部大会準々決勝   対戦相手:市場ハリケーンズ
チーム名
川和S 0 0 0 5 3 0 8
市場H 4 0 0 0 4 1X 9
バッテリー:投)タイヨウーケイタ 捕)カズキ  公式戦通算成績:10戦9勝1敗0分

教育親善の本部大会準々決勝。市場ハリケーンズさんと対戦しました。
初回、守備の乱れもあり、4点を先制される苦しい展開。
しかし、2・3・4回をノーヒットに抑えるタイヨウのナイスピッチング!
これが流れを呼び、4回、コウガが口火を切り、カンとケイタのタイムリーなどで一気に逆転!
5回もキョウスケがヒット、続いてユウ・リキの連続タイムリーで突き放す!
しかしその裏に守備の乱れもあり追い付かれて最終回、サヨナラ負けを喫しました。
中盤、よく劣勢を跳ね返しました。
守備の1歩目が遅かった。次のプレーを予測しよう。




【C】さわやかJr.

日付:2019年6月30日(日)  場所:うさぎ山公園
大会名:さわやかJr   対戦相手:三ッ沢ライオンズ
チーム名
三ッ沢L 0 0 0 0 1 1
川和S 4 10 0 0 X 14
公式戦通算成績:14戦11勝2敗1分

さわやかJr 三ッ沢ライオンズさんと対戦しました。
1回裏の攻撃、先頭ユウのヒットを足掛かりに1点を先制して2アウト1-2塁。ここからコタロウ、シュレンと連続タイムリーでこの回4得点。続く2回にもルイの2打席連続タイムリーなど打者13人の猛攻で10点を奪い試合を決めた。
投手陣は4回まで無得点で抑えたが、最終回に四球で出したランナーをセカンドへのけん制エラーから1点を献上してしまい、惜しくも完封リレーを逃した。
接戦だったらこのようなミスは致命傷になる。普段から緊張感を持った練習をしてミスを減らそう。

【A】高円宮賜杯神奈川県大会 決勝戦

日付:2019年6月9日(日) 場所:大師少年野球場
大会名:高円宮賜杯神奈川県大会
対戦相手:三田フレンズ
チーム名
三田F 1 5 0 3 4 0 13
川和S 2 2 1 0 2 2 9
バッテリー
投)ソウタ―ヒナタ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  36戦  32勝 4敗  分

高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会 神奈川県予選 決勝。相手は厚木市代表の“三田フレンズ“です。
後攻めのシャークスは1回裏、ノーヒットで2点を奪い2‐1と逆転。4点リードを許して迎えた2回裏、ヒナタのホームラン・ソウタのタイムリーヒットで4‐6。続く3回にもヒナタの2打席連続ホームランで5‐6とした。しかし、4回表に3点、5回表には4点を失い5‐13とされてしまう。
8点差をつけられ、敗色濃厚と思われたが、チームは諦めることなく声を出し続け、相手に傾いた流れを引き戻し、5回裏にはリュウスケの2点ホームランで6点差。最終回となった6回裏にもマサヒトのタイムリー2ベースヒットなどで2点を返し、4点差まで追い上げるねばりをみせた。
打ち合いとなったこの試合、結果は9‐13で敗戦。惜しくも“準優勝”で神奈川県予選を終えた。
Aチームは、「横浜市大会4強」「全国大会出場」を目標としてきました。そして「横浜市大会優勝」という実績をかかげて、神奈川県予選を堂々と勝ち上がり、ついにこの舞台に立つことができました。「全国大会出場」は逃したものの、神奈川県予選での“準優勝”は素晴らしい結果です。胸を張って前に進もうではないか!? まだまだ勝たなければならない試合がいくつもあります。ここで立ち止まってはいられませんよ!?