試合結果 速報

【C】ラミちゃんCUP2回戦

日付:2022年11月3日(祝)  場所:YCACグラウンド
大会名:ラミちゃんCUP2回戦   対戦相手:金沢Vルークス
チーム名
金沢Vルークス 0 0 0 0 1 0 1
川和S 2 0 0 2 0 × 4
 バッテリー:投)ユラ-ナカジ-キラ 捕)ジュンタ 公式戦通算成績:22戦17勝5敗0分

二塁打:ジュンタ、コウタロウ 三塁打:なし 本塁打:なし

ラミちゃんCUP2回戦、金沢Vルークスさんと対戦しました。
シャークスは4対1で勝利。準々決勝に進出しました。

午前中のYB4からの初めての公式戦ダブルヘッダーとなりました。ユラ、ナカジ、キラの3人の投手がいずれも好投し、ユラは2回をパーフェクト、ナカジは2回をフォアボール一つ、キラもヒット1本に抑えました。このようにフォアボールが少なく、テンポのよいピッチングができると守備陣は守りやすくエラーが少なくなり、打線にもリズムがつきます。

と言いたいところですが、ダブルヘッダーの疲れからか、打線が非常に低調でした。ノーアウト2・3塁、ワンアウト2・3塁のチャンスを作っても、簡単にフライを上げてしまったり三振をしてしまったり。チームプレーとしての連携ができずに中々得点ができませんでした。走塁面でも、打球判断が悪くホームインできないケースが見られました。

プレー内容の質の面で、非常に課題が多い試合でした。一発勝負の大事な試合が続いている中、点の取れるところでしっかり取らないと、痛い目を見るのは自分たちです。大事な試合で勝ちきるためには、もっと試合に集中し、チームプレーを心掛けていく必要があります。

対戦いただいた金沢Vルークスさん、ありがとうございました。

【C】YB4決勝トーナメント準々決勝

日付:2022年11月3日(祝)  場所:大池球場
大会名:YB4決勝トーナメント準々決勝   対戦相手:金沢スカイヤーズ
チーム名
金沢スカイヤーズ 1 0 9 10
川和S 0 0 0 0
 バッテリー:投)カナ-ジュンタ-ユラ 捕)ジュンタ-タムヒロ-ジュンタ 公式戦通算成績:21戦16勝5敗0分

二塁打:ジュンタ、ナカジ 三塁打:なし 本塁打:なし

YB4大会の決勝トーナメント準々決勝、強豪の金沢スカイヤーズさんと対戦しました。
シャークスは0対10のコールド負け。無念のベスト8止まりとなりました。

先発はカナ。初回いきなり2ベースを浴びて、デットボール、フォアボールでノーアウト満塁の大ピンチ。レフト前ヒットで1点を失いますが、ファーストゴロをキラがバックホームで1アウト。さらにキャッチャーのジュンタが1塁に投げてダブルプレイ。その後三振に抑えて1点に留めます。1回裏は、2アウトからジュンタがライトオーバーを放つも、三塁タッチアウトで無得点。

2回表は、2アウト2・3塁のピンチを迎えるも、ここも三振でゼロに切り抜けます。2回裏は、ナカジがレフトオーバーの2ベースでチャンスを作るも、その後は続かず無得点。ここまでは緊迫した好ゲームでした。

試合が大きく動いたのは3回表。ヒット、フォアボール2つで再びノーアウト満塁の大ピンチ。そこでライトライナーをリョウスケがキャッチする好プレー。その後、ショートゴロの送球エラーで2点を失い、フォアボールでジュンタにスイッチ。緊急登板となったジュンタは制球に苦しみ、フォアボールの押し出し2つ。その後もヒットやデットボールもあり、大量9失点。打たれたというよりは自滅でした。3回裏は、粘ることもできずに無得点。0対10となり、大会規定で力を発揮することもなくコールド負けとなりました。

自分たちで傷口を広げ、その後も何もすることができずに敗戦。非常に悔いが残る、不完全燃焼の試合でした。ただ、総合的な差、経験の差はありました。体格にも差がありました。これからどのように取り組めばよいか、課題がよく分かる試合となりました。まだ、今シーズンの大会は残っています。今やれることを最大限にやりきって、悔いのない試合をしましょう。

対戦いただいた金沢スカイヤーズさん、ありがとうございました。

【B】秋季区大会決勝トーナメント準々決勝

日付:2022年10月30日(日)  場所:東方公園グラウンド
大会名:秋季区大会決勝トーナメント準々決勝   対戦相手:佐江戸少年野球部
チーム名
佐江戸少年野球部 0 0 1 1 0 2
川和S 1 0 8 1 × 10
 バッテリー:投)ユウヒ 捕)シュンタ 公式戦通算成績:18戦15勝3敗0分

二塁打:ジュンタ、ユウヒ 三塁打:なし 本塁打:なし

秋季区大会決勝トーナメントの準々決勝、佐江戸少年野球部さんと対戦しました。
秋季区大会は、次年度に全国大会につながる重要な大会です。
シャークスは10対2で5回コールド勝ち。

先発はユウヒ。今日は5回を一人で投げ抜き、素晴らしいピッチングでした。四球が2つと少なく、何より球数が少なかった。テンポのよい投球で打線にリズムを作りました。

打線は、初回はノーヒットで1点を取り、爆発したのは3回裏。1番からの好打順で、シュンがエラーで出塁、シュンタがフォアボールを選ぶ。今日のクリーンアップのケイトがレフト前ヒット、4番に入ったジュンタが2ベースで走者を迎え入れ、ユウヒにも2ベースが飛び出す。9番のケントがフォアボールを選び、走者一巡となりシュンがデットボールで出塁し、シュンタがレフト前タイムリー。打者12人の猛攻で一気に8点を奪い試合を決めました。

ご近所対決に快勝し、次はいよいよ準決勝。昨日の悪夢の敗戦からの再起を図ります。単に春夏秋の区大会3連覇というだけではありません。優勝して初めて区代表となり、市代表、県代表への扉が開かれるのです。悲願の全国大会出場に向けた一歩に過ぎません。

昨日の敗戦で、自分たちの力はまだまだだと実感したと思います。自分に足りないものは何か。自分たちに足りないものは何か。課題を克服し、その頂点に立つまで、日々の鍛錬は続いていきます。負けて悔し涙を流すのではなく、勝って嬉し涙を流しましょう。

対戦いただいた、佐江戸少年野球部さんありがとうございました。

【B】KBBA後期新人戦大会トーナメント準々決勝

日付:2022年10月29日(土)  場所:都田公園グラウンド
大会名:KBBA後期新人戦大会トーナメント準々決勝   対戦相手:足柄ホープ
チーム名
足柄ホープ 1 1 2 2 0 6 12
川和S 0 0 0 0 0 1 1
 バッテリー:投)ケント-シュン-ユウヒ 捕)シュンタ 公式戦通算成績:17戦14勝3敗0分

二塁打:なし 三塁打:なし 本塁打:なし

KBBA後期新人戦大会トーナメント準々決勝、前週に県大会優勝を果たしている強豪の足柄ホープさんと対戦しました。シャークスは12対1で完敗。前期大会の3位以上の成績を収めることはできず、ベスト8止まりとなりました。

先発はケント、初回は2本のヒットで1点先制されますが、キャッチャーのシュンタが飛び出したランナーを刺してチェンジ。1回裏は、相手の好左腕に3・4番が連続三振で無得点。

2回表は、先頭バッターに3塁打を打たれてピンチを広げ、続くヒットで2点目を失う。2回裏は、ショウゴ、ケントが連続ヒットでチャンスを広げるも無得点。続く3回表にも痛いエラーが連続して2点を失い劣勢に。その裏も上位打線が三者凡退で、相手エースを捉えきれません。

4回表にも右中間に手痛いランニングホームランを浴びて6対0。その裏もクリーンアップが打てずに無得点と非常に厳しい展開。5回表に2番手のシュンが抑えて無失点となりましたが、その裏も代わった相手ピッチャーに三者凡退。

とどめは6回表。フォアボールからセンターオーバーのランニングホームランを浴びて、その後もヒットやエラーが続き大量6失点。最終回は相手の送球エラーで1点を取るのが精一杯でした。

まさに何もできなかったという試合。数字だけを見ても単発の2安打。エラーは9つ。目に見えないエラーも沢山あり、完全に自滅&力不足でした。

日頃の自主練習を含め、本当に勝ちたい気持ちが出ていたのか。試合中も相手チームの投手や打者、守備位置をよく観察しながら、チーム一丸となって声出しや連携ができていたのか。もう一度、初心に帰って取り組み直す必要がありそうです。大事な試合は今後も続きます。持っている力を最大限発揮して、シャークス魂で勝ち抜きましょう。

対戦いただいた、足柄ホープさんありがとうございました。

【T】秋季区大会ブロック戦③

日付:2022年10月29日(土)  場所:荏田西グラウンド
大会名:秋季区大会ブロック戦③   対戦相手:早渕レッドファイヤーズ
チーム名
早渕レッドファイヤーズ 0 0 0 0
川和S 3 6 × 9
 公式戦通算成績:19戦18勝1敗0分

二塁打:コウタロウ2、タムヒロ、リョウスケ、マエヒロ 三塁打:なし 本塁打:なし

秋季区大会ブロック戦の3試合目、早渕レッドファイヤーズさんと対戦しました。
シャークスは9対0で勝利。3連勝でブロック1位通過が決まりました。

1年生のマエヒロにも2ベースが出ました。1年生も活躍しています。

反省点としては、3試合目になると選手にも疲れが出てきて、あまり元気がなくなってきました。
11/6には大事なATM大会を控えています。一気に決勝まで行うので、最大3試合戦わないといけません。
最後まで、元気に集中力をしっかり持って戦うことが必要です。

対戦いただいた、早渕レッドファイヤーズさん、ありがとうございました。

【T】秋季区大会ブロック戦②

日付:2022年10月29日(土)  場所:荏田西グラウンド
大会名:秋季区大会ブロック戦②   対戦相手:南山田ライオンズ
チーム名
川和S 3 2 0 2 7
南山田ライオンズ 0 0 0 1 1
 公式戦通算成績:18戦17勝1敗0分

二塁打:ルイト 三塁打:なし 本塁打:コウタロウ2

秋季区大会ブロック戦の2試合目、南山田ライオンズさんと対戦しました。
シャークスは7対1で勝利。

今日はコウタロウが絶好調。この試合でも3本のホームランを放ち、今日合計5本の荒稼ぎ。
フクヒロがケガで出場しない中で、チームは順調に勝利しました。

対戦いただいた、南山田ライオンズさん、ありがとうございました。

【T】秋季区大会ブロック戦①

日付:2022年10月29日(土)  場所:荏田西グラウンド
大会名:秋季区大会ブロック戦①   対戦相手:横浜球友会T2
チーム名
川和S 4 5 5 14
横浜球友会T2 0 0 0 0
 公式戦通算成績:17戦16勝1敗0分

二塁打:ソウマ3、タムヒロ2 三塁打:なし 本塁打:コウタロウ2

秋季区大会ブロック戦の1試合目、横浜球友会さんと対戦しました。
シャークスは14対0で勝利。

コウタロウが2本のホームラン、ソウマは3本の2ベース、タムヒロが2本の2ベースを放って快勝。
今日は3試合を戦う必要があり、初戦に勝利しました。

対戦いただいた、横浜球友会さん、ありがとうございました。

【T】秋季ATM大会決勝トーナメント2回戦

日付:2022年10月23日(日)  場所:都田公園グラウンド
大会名:秋季ATM大会決勝トーナメント2回戦   対戦相手:茅ヶ崎エンデバーズ
チーム名
川和S 5 6 0 7 5 23
茅ヶ崎エンデバーズ 0 0 0 0 0 0
 公式戦通算成績:16戦15勝1敗0分

二塁打:ルイト3、マエヒロ2、ナチ、コウタロウ、フクヒロ、ソウマ、ハルト、 三塁打:なし 本塁打:タムヒロ4、コウタロウ2

秋季ATM大会決勝トーナメント2回戦、茅ヶ崎エンデバーズさんと対戦しました。
シャークスは23対0と快勝。ベスト8に進出しました。

今日は打線が大爆発でした。3年生だけでなく、2年生、1年生も大活躍。
特に4番に入った主砲のタムヒロが衝撃の4打席連続ホームラン。そして、ホームラン王のタイトルを競うコウタロウにも2打席連続ホームラン。2人の主砲が絶好調の日でした。2年生ルイトには3本の2塁打、1年生のマエヒロにも2本の2塁打。上級生に負けず、下級生も頑張りました。

守備でも、ショートソウマを筆頭に好守備連発。最終回までは完全試合の勢い。ヒット1本に抑える完封勝利。素晴らしい試合を展開しました。

ベスト8に進出しましたが、慢心してはいけません。打てない日もあれば、エラーが出る日もあります。選手同士が励ましあい、皆でカバーしていく必要があります。ゴロを打っても全力で最後まで走る。フライを上げても全力で走る。そういった全力プレーが試合の勝敗を左右します。

春秋の連続優勝を目指して、「全力」と「集中」で戦い抜きましょう。

対戦いただいた、茅ヶ崎エンデバーズさん、ありがとうございました。

【C】YB4決勝トーナメント1回戦

日付:2022年10月16日(日)  場所:海釣り公園グラウンド
大会名:YB4決勝トーナメント1回戦   対戦相手:綱島リバース
チーム名
川和S 2 0 1 0 0 1 2 6
綱島リバース 0 0 3 0 1 0 0 4
 バッテリー:投)ジュンタ-カナ 捕)タムヒロ-ジュンタ 公式戦通算成績:20戦16勝4敗0分

二塁打:キラ 三塁打:なし 本塁打:なし

YB4大会の決勝トーナメント1回戦、綱島リバースさんと対戦しました。
YB4大会は4年生以下を対象とした横浜市No1を決める大会。市内18区の代表が集まった最高峰の大会です。
都筑区代表の川和シャークス、初戦の相手は港北区代表の綱島リバースさん。
試合は大接戦の好勝負となり、シャークスはタイブレークの末、6対4で逆転勝ち。ベスト8に進出しました。

1回表のシャークスの攻撃はキラのレフト前ヒットから、2つの内野安打で2点を先制。その裏、先発のジュンタは3者凡退に打ち取ります。
2回表は、エラーからチャンスを作るも無得点。2回裏もジュンタは快調に無失点投球。
3回表は、キラが2ベースのあとにワイルドピッチもあり貴重な1点を追加。3回裏、内野ゴロエラーから始まりヒット2本で3点を失い、試合は振り出しに戻ります。
4回は両チーム無得点。5回表のシャークスの攻撃は、上位打線からの攻撃も無得点。5回裏からはカナにスイッチ。フォアボール、内野安打からピンチを迎え、パスボールで1失点。1点ビハインドで最終回を迎えます。
6回表、ナカジのフォアボールから盗塁でチャンスを作り、3盗が相手の悪送球を誘い同点に追いつきます。6回裏、2アウト2・3塁のピンチを迎えますが外野フライに抑えてタイブレークに突入。
7回表、1アウト1・3塁から始まりますが、ユラの盗塁の後に、2ランスクイズを敢行。見事に成功して2点を追加。7回裏、申告敬遠で満塁策を取り三振で2アウト。最後は、レフトのナカジがナイスキャッチ。劇的な逆転勝利となりました。

今日の勝利は最後まで諦めずに、全員で声をかけ続けたことにつきます。逆転されてからも、選手の声は途切れることはなく、そのパワーが逆転を生み出しました。そして、5人の4年生全員の意地が随所に見られました。エラーもありましたが、大事な場面で好プレーが続出。どろ臭いですが、選手の勝ちたい気持ちの強さが、勝利の女神を引き寄せた気がします。

これでベスト8進出。区代表の集まりですから、どんどん相手は強くなっていきます。ただ、今日のような苦しい試合を全員野球で勝利した経験は今後に大きく生かされることでしょう。悲願の優勝を目指して、一歩一歩成長し、さらなる飛躍を期待します。

対戦いただいた綱島リバースさん、激戦の素晴らしい試合をありがとうございました。

【C】ラミちゃんCUP1回戦

日付:2022年10月15日(土)  場所:YCACグラウンド
大会名:ラミちゃんCUP1回戦   対戦相手:郷成ボスターズ
チーム名
川和S 6 3 0 2 3 14
郷成ボスターズ 1 0 0 2 0 3
 バッテリー:投)カナ-ユラ-ナカジ 捕)タムヒロ 公式戦通算成績:19戦15勝4敗0分

二塁打:コウタロウ、タムヒロ、ユラ 三塁打:ユラ 本塁打:なし

ラミちゃんCUP1回戦、郷成ボスターズさんと対戦しました。
シャークスは14対3で勝利。2回戦に進出しました。

先週末の悪夢の敗戦を払拭すべく、再起を誓った試合でした。
声をしっかり出して、ピッチャーやバッターを盛り上げる。チームプレーをしっかりしよう!!と試合に臨みました。

ピッチャー・守備陣は、カナ、ユラ、ナカジの3人で継投。それぞれが持ち味を発揮して3失点に抑えました。
エラーも1個と少なく、四死球を減らすことで最初失点に留めました。

打撃陣は、初回にコウタロウの2ベースを足掛かりに、フォアボール、エラーから三連打。つながる打線で一挙6点を先制。
2回にも、フォアボール、エラーからナカジの2ベースで追加点。この回3点を追加。
4回は、ナカジがエラーで出塁した後、ユラの3ベース+エラーで2点を追加。
5回は、ナカジ、カナ、ユラのクリーンアップで3連打。さらに3点を追加して、試合を決めました。

今日は試合中の声も出ており、エラー、四死球が少なく、打線も活発に打っていました。
このような試合ができれば、どのチームともしっかりと戦えるはずです。
明日以降も公式戦が続きます。反省と改善、この勢いで戦っていきましょう。

対戦いただいた郷成ボスターズさん、ありがとうございました。
また、記念写真に写っていただいた主催者のラミレスさん、運営スタッフさんありがとうございました。

【B】KBBA後期新人戦大会トーナメント2回戦

日付:2022年10月15日(土)  場所:荏田西グラウンド
大会名:KBBA後期新人戦大会トーナメント2回戦   対戦相手:葉山巨人軍
チーム名
葉山巨人軍 0 0 0 0
川和S 12 4 × 16
 バッテリー:投)シュン-ケイト-ユウヒ 捕)ユウキ 公式戦通算成績:16戦14勝2敗0分

二塁打:ユウト、ジュンタ、シュン、ケイト 三塁打:ケント 本塁打:ユウヒ

KBBA後期新人戦大会トーナメント2回戦、大和町バンビーズさんと対戦しました。
シャークスは16対0でコールド勝ち。ベスト8に進出しました。

先発はシュン、2イニングを無失点に抑えます。その後、ケイト、ユウヒと繋ぎ3イニングを完封。
打線は、非常に活発で先発全員安打。特に初回の攻撃では、単打、長打を絡め、とどめは主砲ユウヒのランニングホームラン。一挙に12点を取りました。
2回には、下位打線にも連続長打が飛び出し、ケイトの2ベース、ケントの3ベースもあり4点を追加。

初戦はなかなかヒット、長打が出ずに慎重な試合運びとなりましたが、今日は快勝。
勢いをつけて、今後の戦いに挑めます。

対戦いただいた、葉山巨人軍さんありがとうございました。

【B】秋季区大会ブロック戦③

日付:2022年10月15日(土)  場所:佐江戸公園グラウンド
大会名:秋季区大会ブロック戦③   対戦相手:佐江戸少年野球部
チーム名
佐江戸少年野球部 0 0 1 1 0 2
川和S 7 0 0 2 × 9
 バッテリー:投)ケント-ユウヒ 捕)ユウキ 公式戦通算成績:15戦13勝2敗0分

二塁打:ユウト 三塁打:なし 本塁打:なし

秋季区大会ブロック戦の第3戦、佐江戸少年野球部さんと対戦しました。
シャークスは9対2で勝利。

先発はケント。初回フォアボールから内野安打や2ベースでピンチを迎えますが、何とかゼロに抑えます。その裏のシャークスの攻撃。連続フォアボールからバントを絡めてチャンスを作り、ユウヒのヒット、ユウトの2ベースに相手のエラーもあり7得点。打者一巡の攻撃で優位に立ちます。
2回は両チーム3者凡退。3回表はフォアボール、エラーで1失点。3回裏はヒット、フォアボールでチャンスを作るも連続三振で無得点。
4回表からはユウヒにスイッチ。2本の2ベースもあり1失点。4回裏は相手のエラーもあり貴重な2点を追加。
5回表はユウヒが上位打線を3人で抑え、9対2でコールド勝ちとなりました。

初回の攻撃を何とかゼロに防げたことが大きく、逆にシャークスが初回のチャンスを活かすことができた試合でした。実は紙一重。
野球は試合展開次第で、大量得点、大量失点になりがちです。試合の流れを大事にして、これからの負けられない戦いを勝ち抜いていきましょう。

対戦いただいた、佐江戸少年野球部さんありがとうございました。