試合結果 速報

【A】都田リーグ

日付:2019年3月17日(日) 場所:三保小学校
大会名:都田リーグ
対戦相手:三保ウイングス
チーム名
三保ウイングス 1 0 0 0 0 1
川和シャークス 2 0 5 1 1 9
バッテリー
投)リョウガ-ヒナタ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  8戦  7勝 1敗  分

都田リーグが開幕。ブロック戦の初戦は三保ウイングス。
1回裏、ヒナタの2点タイムリーツーベースで2点。3回裏、ケイスケの2点タイムリースリーベースなどで5点。4回裏、リョウガのタイムリーヒットで1点。5回裏、マサヒトのレフトオーバーのホームランで勝負あり。結果9‐1で勝利。リーグ2連覇にむけて、まずは上々の滑り出しとなった。
優勝した前回リーグでは、前6年生を中心に、記憶に残るすばらしい試合を見せてもらいました。ディフェンディングチャンピオンとして、新6年生として臨む今回リーグでも、記憶に残るすばらしい試合を見せてくれることを期待しています。

【A】あじさいリーグ ブロック戦

日付:2019年3月16日(土) 場所:荏田西グラウンド
大会名:あじさいリーグ
対戦相手:松風スラッガーズ
チーム名
松風スラッガーズ 0 1 0 1
川和シャークス 6 6 4 16
バッテリー
投)ヒナタ-エイト
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  7戦  6勝 1敗  分

あじさいリーグ」が開幕。ブロック戦初戦の相手は“松風スラッガーズ”
後攻めのシャークスは1回裏、コウガとケイスケのアベックホームランなどで6点を先制。続く2回裏にもユウジのツーランホームランなどで6点を追加し、試合を決めた。
この試合、新戦力として期待のかかる新5年生の中からコウガが先発し、結果を出した。同じく新5年生のケイタ・タイヨウも途中出場した。
多くの大会で上位進出を目指すシャークスにとって、新5年生の台頭は待ち望まれるところである。この試合に出場した3人を含めた新5年生8人には、Aチームのメンバーとして、「今、何をすべきか…!?」を考えてほしい。

【T】区大会ブロック予選 山田バッファローズ戦

日付:2019年3月24日(日)  場所:東山田小学校
大会名:区大会ブロック予選   対戦相手:山田バッファローズ
チーム名
川和S 3 2 0 1 6
山田バッファローズ 4 6 4 14
公式戦通算成績:2戦0勝1敗1分

2019年 Tチームの公式戦2戦目。
区大会ブロック戦の2戦目は山田バッファローズさん。
初回からA-シュンタのヒットや相手のエラーなどで、3点を先制。
しかし、その裏相手の連打などで4点を取られ逆転される。
2回表1点を追うシャークスは、コタロウ、ジュンタ、O-シュンタのヒットなどで2点を取り逆転。
しかし2回裏、相手の猛攻により6点を取られ再逆転される。
3回裏にも4点を追加され9点差の大量リードを許してしまう。
そして迎えた最終回。ジュンタ、O-シュンタ、ライゴのヒットで反撃するも1点しか取れずゲームセット。
悔しい敗戦となりました。
Tチーム初の試合でダブルヘッダー。子供たちはとても疲れたと思います。そんな中で最後まであきらめることなく試合に臨んでいました。この敗戦の悔しさをバネに練習をたくさんし、もっと強いチームになりましょう!!

【T】区大会ブロック予選 球友会戦

日付:2019年3月24日(日)  場所:東山田小学校
大会名:区大会ブロック予選   対戦相手:球友会
チーム名
球友会 4 0 0 1 0 5
川和S 0 1 0 1 3 5
公式戦通算成績:1戦0勝0敗1分

2019年 Tチームの公式戦開幕戦。
区大会ブロック戦の初戦は球友会さん。
初回、守備の乱れから4点を先制される苦しい展開。
しかし2回表を0点で抑えると、2回裏ライゴのタイムリーで1点を返す。
その後両チームともに1点を取り合い、3点ビハインドで迎えた最終回。
S-ケント、シュンが攻守に阻まれ2アウト。その後コタロウ、ショウゴと懸命につなぎ2・3塁。迎えるは好調主砲ライゴ。
そのライゴは期待に応える同点スリーランホームラン!!
勢いに乗りA-シュンタが出塁するもタイヨウが倒れゲームセット。
初戦は引き分けとなりました。
2019年Tチーム初戦は最初硬さがみられ、守備が乱れ失点しましたが、回を追うごとに動きがよくなり、勝ちに等しい劇的な引き分けとなりました。
普段からチーム内で声を掛け合い、試合でも最初から硬くならず練習どおりのプレーができるように元気にがんばっていきましょう。

【A】区大会ブロック戦

日付:2019年3月10日(土) 場所:都田公園
大会名:都筑区少年野球大会ブロック戦
対戦相手:茅ヶ崎エンデバーズ
チーム名
茅ヶ崎エンデバーズ 0 0 0 0 0 0
川和シャークス 0 6 2 0 × 8
バッテリー
投)リョウガ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  6戦  5勝 1敗  分

いよいよ第49回都筑区少年野球春季大会Aリーグ(予選)が開幕。開幕戦となったこの試合、相手は茅ヶ崎エンデバーズ。
開幕投手はリョウガ。初回を3者凡退に抑える上々の立ち上がり。
攻撃は2回、ヒナタのツーベースヒットからチャンスをつくり、ケイスケのランニングホームランなどで6点を先制。
リョウガは、5回を内野安打2本を含む被安打3・奪三振7・四死球0の好投で完封。
守備もノーエラーで開幕戦を8‐0の5回コールドゲームで勝利した。
昨年の秋季大会(Bリーグ)で優勝した現Aチームをみんなが注目しています。ベンチワークを含めた試合、グラウンド内外でのマナー、などなど…。
“強いチーム”が“いいチーム”ではありません。“いいチーム”だからこそ“強いチーム”になるんだと思います。

【A】ウインターリーグ

日付:2019年2月23日(土) 場所:あざみ野グラウンド
大会名:ウインターリーグ 対戦相手:千代ヶ丘チャレンジャーズ
チーム名
川和シャークス 0 0 3 0 2 0 1 6
千代ヶ丘チャレンジャーズ 0 0 0 0 0 0 0 0
バッテリー
投)リョウガ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  5戦  4勝 1敗  分

『ウィンターリーグ』決勝戦。新Aチームとして初タイトルのかかった一戦の相手は千代ヶ丘チャレンジャーズ。
ブロック戦、準決勝を通して打線は好調。あとはピッチャーのでき次第…。
先発はリョウガ。スコアブックを見て、“エッ!?”ノーヒットノーラン!? しかも許したランナーは初回のフォアボールだけ!? 準完全試合ではないですか。
守備もノーエラー。打線もリュウスケが2本の長打で3打点。
ピッチャーがテンポよく投げれば、守備のミスも減り、つられて打線もつながる。それを絵にかいたような試合ではなかったでしょうか。
まずはウィンターリーグ“優勝”、新Aチームとして初タイトル獲得!! おめでとう

【A】さわやかカップ教育リーグ

日付:2019年2月23日(土) 場所:森の台グラウンド
大会名:さわやかカップ教育リーグ 対戦相手:DMファイターズ
チーム名
DMファイターズ 3 2 0 1 1 7
川和シャークス 0 0 0 3 1 4
バッテリー
投)タクマ―ケイスケ
捕)リュウスケ-ヒナタ
公式戦通算成績:  4戦  3勝 1敗  分

さわやかカップ教育リーグの決勝トーナメント2回戦。相手はDMファイターズ。
初回、エラーから3点の先制を許す嫌な立ち上がり。2回、またしてもエラーから2点を失い、序盤で5点差をつけられてしまう。
反撃は6点差で迎えた4回裏、ヤマト・ヒナタ・リュウスケの連打などで3点を返し3‐6。5回裏にも1点を返すも時すでに遅し…。結果4‐7でさわやかカップ教育リーグは2回戦敗退となった。
土曜朝一番の試合は苦手?! そんなことは言ってられませんよ。
“今こそ選手一人一人に問う…”君たちは、この試合にどのような気持ちで臨んだのでしょうか? この試合を“ワクワク”した気持ちで臨んだ選手は何人いたでしょうか?
大会・試合にはそれぞれ目的(意味)があります。チームとして、その大会・試合の目的(意味)を考え、選手一人一人が目標を持ってその大会・試合に臨むことで結果は違ってくるはずです。“ぼーっと野球やってんじゃねぇよ!!

【A】ウインターリーグ

日付:2019年2月17日(日) 場所:あざみ野グラウンド
大会名:ウインターリーグ 対戦相手:横浜ジャイアンツ
チーム名
横浜ジャイアンツ 1 0 2 0 0 0 1 4
川和シャークス 4 0 0 0 3 2 × 9
バッテリー
投)タクマ-ヒナタ
捕)ヤマト
公式戦通算成績:  3戦  3勝  敗  分

『ウィンターリーグ』決勝トーナメント準決勝。相手は2連覇を狙う横浜ジャイアンツ。
1回裏、ヤマト・ソウタ・リョウガの長打などで4点を奪い逆転。4‐3で迎えた5回裏、ヤマトのホームランなどで3点を追加。6回裏、マサヒトのヒットなどで2点をダメ押し。相手の反撃をタクマ→ヒナタのリレーで4点に抑え、結果9‐4で勝利。新Aチームとしての初タイトル獲得に王手をかけた。
横浜ジャイアンツは前回大会の決勝戦で敗れた相手です。その相手に「雪辱を果たす!!」。そんな気持ちでこの試合にのぞんだ選手は何人いたでしょうか?
強敵ぞろいの上部大会を勝ちきるのは、どのチームよりも「勝ちたい!!」という気持ちが強いチームです。

【C】わかばJr ブロック戦2回戦

日付:2019年4月29日(月)  場所:東戸塚小学校
大会名:わかばJr   対戦相手:左近山ブルーファイターズ
チーム名
左近山ブルーファイターズ 2 0 0 1 1 4
川和
シャークス
2 0 0 3 0 5
公式戦通算成績:4戦3勝1敗0分

2019年度わかばジュニアの第1試合目。
相手は左近山ブルーファイターズさん。

初回、守備の乱れから出塁を許す。その後長打をあびるが2失点に踏みとどまる。
その裏フォアボールとヒットでランナーをためた後、相手のエラーの間にカイトの好走塁で同点に追いつく!
2,3回は両チーム無得点で試合は進み4回表、相手にヒットで繋がれ1点を失う。
逆転を狙った4回裏、先頭打者コタロウがヒットで出塁!その後連続フォアボールで3得点をあげ逆転!
最終回1点を許すが逃げ切り勝利!!
苦しい試合展開ではあったが大きく崩れることなく初戦を突破!
この勢いに乗り次戦に臨もう!

【C】さわやかJr ブロック戦2回戦

 

日付:2019年4月13日(土)  場所:永田小学校
大会名:さわやかJr   対戦相手:永田オックス
チーム名
川和
シャークス
0 1 4 0 2 7
永田オックス 1 0 2 0 0 3
公式戦通算成績:3戦2勝1敗0分

2019年度さわやかジュニアの第2試合目。
相手は永田オックスさん。

1対1で迎えた3回表、シュンペイ、ルイ、カイト、シュレンの4連打で4得点!
その裏2点を返されるが、最終回の攻撃で2アウトからヒットで出塁したカイトが連続盗塁で3塁に進み、
シュレンのタイムリーヒットで1点追加!
シュレンも連続盗塁を決め、相手のパスボールで生還!7-3で勝利!!

勢いに乗り切れず相手を突き放すチャンスをつかみきれない場面もあったが
優位な試合運びで多くの選手が出場でき、チームとして良い経験ができた。
Cチーム全員でレベルアップを目指していこう!

【C】さわやかJr ブロック戦1回戦

 

日付:2019年3月31日(日)  場所:通信隊グランド
大会名:さわやかJr   対戦相手:戸塚ACFホークス
チーム名
戸塚ACF
ホークス
1 1 2 5 4 13
川和
シャークス
0 0 0 0 0 0
公式戦通算成績:2戦1勝1敗0分

2019年度さわやかジュニアの第1試合目。
相手は戸塚ACFホークスさん。

初回の攻撃は三者凡退に終わり、その裏連続フォアボールを許すも、その後のバッターを打ち取り2アウト。
しかしエラーで1失点。
2回以降もシャークスの攻撃は相手投手の好投に無得点が続く。
一方守備ではじわじわと失点を重ね0-13で敗戦。
守備の乱れが目立つ試合。攻撃もヒット1本にとどまり課題が多く残る試合となってしまった。
この結果をバネに全員野球で次へ繋げていこう!

【A】ウインターリーグ

日付:2019年2月16日(土)  場所:さつきが丘小学校
大会名:ウインターリーグ   対戦相手:葉桜
チーム名
葉桜 0 1 0 0 0 1
川和シャークス 1 5 0 4 × 10
バッテリー
投)タクマ―ソウタ 
捕)ヒナタ  
公式戦通算成績:  2戦  2勝  敗  分

ダブルヘッターとなった『ウィンターリーグ』第5戦。相手は葉桜。
この試合に勝って、全勝での決勝トーナメント進出を決めたい大事な試合の先発は、今季初登板のタクマ。2回に1点を失うも、好調な打線が10点を奪い、同じく初登板となったソウタへのリレーで、結果10‐0で勝利。全勝での決勝トーナメント進出を決めた。
この試合ではケイスケ・ユウジ・レツジが今季初ヒット、エイトもレフトの守備を無難にこなし、新6年生全員が出場することができた。
今年1年、新6年生13人が新5年生を含めた新Aチームを引っ張ることになります。13人全員が各々に与えられた役割をこなし、全員野球で1点を取り、1点を守り、勝利をつかみ取れ…!